開発

Webflowが実現する新しいWeb制作の形とは? ツールの特徴から徹底解説

企業が世の中に情報発信をする上で欠かせないのがホームページやランディングページなどのWebサイトになります。

企業がWebサイトを制作するためにはコーディングができるエンジニアが必要であり、社内にエンジニアがいない場合は高額な開発費用をかけて外部の開発会社に依頼するのが一般的です。

しかし、大企業にとっては問題のない開発費用も中小企業からすると大きな負担となっており、「開発費用が捻出できずホームページを開設できない」「更新したくても社内にエンジニアが不在」という問題が発生しています。

しかし、「Webflow」が登場したことで、Webサイト制作はエンジニアしかできない領域から高額な初期費用不要で誰でも簡単に制作できる領域に変化して他のです。

この記事では、ノーコードツール・ローコードツールを用いたシステム開発サービスを運営し、数多くのノーコードシステム開発を成功させてきたBOLTが、Webflowが実現する新しいWeb制作の形をツールの特徴から徹底解説していきます。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

Webflowとは?

Webflowとは?

2013年7月3日にアメリカでベータ版がローンチされ、2020年現在100万人以上のアクティブユーザーを有する規模に成長している巨大プラットフォームです。

2019年には世界中のノーコードツールを集めて行われたノーコードカンファレンスをWebflowが主催者としてノーコードの普及にも貢献しているのです。

ここではWebflowの概要を紹介していきます。

Webサイト構築用のNoCodeツール

Webflowのエディター画面のスクリーンショット

Webflowには専用エディターが用意されており、左側のブロックエディターの画面パーツをドラック&ドロップし、スタイルエディターでパーツのサイズや位置などを調整するだけでWebサイトが制作できます。

Webflowを用いた開発はレゴを組み立てるようなイメージでWebサイトに活用いしたい画面パーツをブロックエディターから選び出し、好みの場所にはめ込んでいくだけでWebサイトの骨組みが完成します。

はめ込んだパーツの細かい調整をする際は右側のスタイルエディターでサイズや位置、それにトランジションなどの効果を画面パーツに付与することが可能です。

従来の開発手法の場合、サイズ調整やトランジションの追加にはCSSやJavaScritなどの知識が必要でしたが、Webflowではマウス操作だけで様々な調整を行うことが可能です。

Webflowのテンプレートレイアウトのスクリーンショット

また、Webflowでは開発工数を削減する目的であらかじめ複数のエレメントパーツを組み合わせて構築されたテンプレートレイアウトが用意されています。

テンプレートレイアウトはWebサイトでよく使われる共通デザインがプリセット化されているパーツでなので、1つずつパーツをはめ込まなくても、綺麗なレイアウトが構築できるので、開発工数を削減に繋がります。

レスポンシブデザインに対応

Webflowのブレイクポイントのスクリーンショット

Webflowが構築するWebサイトはレスポンシブデザインに対応しています。

エディター上部にブレイクポイントコントロールパネルが表示されており、以下の4つのカテゴリーごとにブレイクポイントの設定が可能です。

  • Web画面
  • タブレット画面
  • タブレット横画面
  • モバイル画面

ブレイクポイントの設定値はユーザー側で自由に設定することができます。

専用エディターには画面を表示するデバイスごとの基準値が示されているので、サイトを閲覧するデバイスに合わせて開発することも可能です。

画面パーツを1つずつはめ込んで開発をする場合は全ての要素に各ブレイクポイントごとのスタイル設定を施す必要がありますが、プリセットの場合あらかじめ各ブレイクポイントに対応するスタイル設定が施されているので、面倒な設定を省くことが可能です。

外部サービスとの豊富な連携機能

Webflowは単独でも十分便利なノーコードツールですが、外部サービスとの連携を行うことで更にその利便性を向上させることができます。

Webflowでは以下の外部サービスとの連携が可能です。

  • Adobe Font
  • Zapier
  • Google Map
  • Google オプティマイズ
  • Google アナリスティクス

中でも最も便利な連携機能がAdobe Fontとの連携です。

WEBサイトを構築する上で文字フォントは重要な要素になり、扱えるフォントが多ければ多いほど、デザインの幅が広がり、クオリティも上がります。

しかし、広告などで利用されているような人気の高いフォントは有償のものが多く、都度購入する必要があるため、金銭的な負担にもなり得ます。

Webflowの場合はAdobe Fontsとの連携が用意されており、Adobeと契約していれば、Adobe Fontsが提供している全てのフォントを追加料金なしで利用できます。

WebflowのAdobefontsとの連携設定画面

連携方法も非常にシンプルで、Adobe Fonts側の設定画面から取得できるAPIトークンをWebflowにコピー&ペーストするだけで連携が実現します。

Webflowを活用するメリット

Webflowを活用するメリット

Webflowを活用すれば、エンジニアによるコーディングをせずとも、誰でも簡単にWebサイトを構築することができることをご理解いただけましたでしょうか。

Webflowの登場によって、Webサイト制作に必要な作業がコーディングからドラック&ドロップに変化し、Webサイト制作の難易度が大きく下がりました。

しかし、Webflowを活用するメリットはWebサイトをドラック&ドロップだけで簡単に制作できる点だけではないのです。

ここではWebflowを活用するメリットを解説していきます。

高品質なテンプレートを活用できる

Webflowでは世界中のユーザーが作成した高品質なテンプレートを無料で活用することができます。

ドラック&ドロップだけでWebサイトが制作できるとしても、「Webデザインの知識がない」と考えてしまい、制作に踏み込めない方も多いのではないのでしょうか。

しかし、Webflowではそんな悩みを持つ方でも簡単に高品質なWebサイトを作る方法が存在します。

Webflowのshowcaseのスクリーンショット

Webflowには世界中のユーザーが構築したWebサイトを複製する機能が存在し、プロのWebデザイナーが考えたWebデザインの画像や文章を差し替えるだけで、高品質なオリジナルサイトを構築できます。

様々なジャンルのWebサイトが用意されているので、自分の作りたいWebサイトに近いものを複製し、手を動かすことでWebflowの理解促進にも繋がるので、まずはテンプレートを活用した、Webflowの活用をおすすめします。

1クリックでインターネットに公開可能

Webfowではサイトをインターネット上に公開するためにインフラエンジニアの力を借りる必要はありません。

従来の開発手法の場合、エンジニアがコーディングしたプログラムを稼働する環境に配置するデプロイ作業が存在し、この作業を実現するにはインフラエンジニアの力を借りる必要がありました。

Webflowのデプロイ部分のスクリーンショット

しかし、Webflowではインフラエンジニアは必要なく、ボタンを1つ押すだけで構築したWebサイトをインターネットに公開することが可能です。

もしも、公開後に修正や拡張の必要が出た場合には、エディター上で作業を行い、ボタンを1つクリックするだけで変更が加えられたWebサイトをインターネット上に再アップすることができます、

ドメインの設定やサーバー構築などで環境設定に苦労することが多いですが、Webflow側で面倒な環境設定を全て自動で行ってくれるので、構築後の公開作業も安心です。

Webflowのおすすめ活用方法

Webflowのおすすめ活用方法

Webflowをどのように活用するかは人それぞれですが、活用シーンや目的によってWebflowが与えるメリットは変化します。

具体的にどのような用途でWebflowを活用するべきなのでしょうか。

ここではWebflowのおすすめ活用方法を2つ解説していきます。

ランディングページのA/Bテスト

Webflowはマーケティング部が実施するWeb集客におけるランディングページのA/Bテストの場面で大きなメリットを発揮します。

実施する目的は「Webページにおいて最も効果のある要素を見つける」ことであり、A/Bテスト期間中にはトップ画像やデザイン、キャッチコピーなど様々な要素を変更して効果検証を行います。

重要なのはどれだけ短い期間で様々なパターンの検証ができるかであり、検証確認後にどれだけ早く新しいデザインやコンテンツが反映されたページを公開できるかです。

従来の開発手法の場合、マーケティング担当者が単独でWebサイトの改修ができないため、デザイナー、エンジニアとの連携に時間がかかり、A/Bテストを高速化することが困難でした。

しかし、Webflowの場合は画像の差し替えや文章の入れ替えなどは数分あれば対応できるほど簡単なので、マーケティング担当が単独でWebページの改修からリリース作業までを担うことが可能になります

Webflowを使えば、マーケティング担当者がA/Bテストにおける企画・Webサイト構築・検証・改修の全てのプロセスを単独で回すことができるので、低予算で費用対効果の高いA/Bテストが実現可能です。

スタートアップの自社Webサイト構築

Webflowは十分な制作予算がかけられないスタートアップ企業のHP制作やLP制作におすすめです。

HP制作やLP制作を外注した場合、少なくとも30万ほどの初期開発費用が必要となります。

大手企業にとっては問題のない金額かもしれませんが、スタートアップ企業に取っては負担の大きい金額です。

しかし、Webflowを活用すれば、高額な初期費用なしでWebサイトを構築できます。

また、ビジネスプランが180度変わる場合もあり、ビジネスプランが変更されてしまうと、構築したWebサイトを改修する必要が出てきます。

しかし、Webflowならビジネスプランが変更になったとしても、変更内容に合わせて、エディター上でキャッチコピーやコンテンツを修正するだけで新しいビジネスプランに沿った少ない工数でWebサイトを準備できます。

コーディング不要でエディター上の簡単な操作で変更・追加ができるノーコードだからこそなしえる対応力です。

【まとめ】Webflowを使えば誰でも簡単にWebサイトを構築可能

【まとめ】Webflowを使えば誰でも簡単にWebサイトを構築可能

この記事では、Webflowが実現する新しいWeb制作の形をツールの特徴から徹底解説してきました。

Webflowの登場によってWeb制作の在り方は大きく変化し、高額な初期費用やエンジニアによるコーディングは一切不要となりました。

プリセットレイアウトやテンプレートを活用をすることで、Webデザインの知識がなくても高品質なWebサイトを簡単に作れるようになったことで、誰もがWeb制作を構築し、自らを世の中に発信することが可能となります。

「初期構築費用を捻出できない」「コーディングができない」という悩みからWeb制作を躊躇している方はこの機会にWebflowを活用することをおすすめします。

Webflowを活用範囲は拡大し続けており、ホームページやランディングページに留まらず、新型コロナウィルスの影響を受けてECサイトやオンラインサロン会員サイトを構築するユーザーも増えています。

Webflowを含めた全てのノーコードツールはアイディアを実現する手段であるため、もしもWebサイト関連のアイディアを持っているのであれば、今すぐアイディアをWebflowで形にしましょう。

Webflowの公式サイトはこちら

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールでの開発に特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

Webflowを活用したWebサイト開発を多数手がけており、ツールを活用したWeb集客に関するコンサルティングも行っております。

もし、Webflowを活用したWebサイト構築を検討されている場合は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる