MVP開発とは?費用相場からメリットまでを徹底解説!

MVP開発とは?費用相場からメリットまでを徹底解説!

MVP(Minimum viable product)開発とは、直訳すると「顧客に価値を提供できる最小限の製品開発」を意味する開発手法です。

MVP開発は、スタートアップや新規事業を立ち上げる際など、顧客のニーズがあるか分からない段階で、プロダクトを試験的に検証するために行われます。

小さくスタートして、顧客の反応をみながら素早く改善を繰り返すことで徐々にプロダクトを大きくするため失敗のリスクを抑えながら成果に導くことが可能です。

しかしながら、「MVP開発はどのように進めたら良いの?」「MVP開発に注意点はある?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

そこで本記事では、ノーコード・ローコードツールを用いた高速開発サービス「BOLT」を運営する当社が、MVP開発のメリット・デメリットから、MVP開発に成功するためのポイントまで徹底解説します。

本記事をお読みいただくことで、MVP開発を正しく実践できるようになるため、新規事業の失敗リスクを抑えることにもつながります。新規事業をご検討中の経営者様や、MVP開発をご検討中の事業責任者様はぜひご覧ください。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT
お問い合わせ・資料請求は
こちらからお気軽にどうぞ

資料請求はこちら

資料請求

お問い合わせはこちら

お問い合わせ