Zapierがあれば業務自動化にRPAは不要!その理由を徹底解説

業務自動化による生産性向上は全ての企業が実現したい業務改革の1つではないでしょうか。

業務自動化の手段として、PCを活用した事務作業などをの反復作業を自動化する目的で活躍しているのがRPA(Robotic Process Automation)です。

RPAはデータの転機作業などの定型的で反復性の高い業務に対して、高い効果を発揮するため、大企業を中心に事務作業を人ではなくRPAを活用することで入力作業の自動化を実現する企業が増えています。

しかし、RPA導入には高額な初期費用と毎月の利用料が必要となるため、RPA導入して業務自動化を実現できる企業は限られているのが現状です。

業務自動化にはRPAが必要という流れになっていますが、ノーコードツールである「Zapier」を活用すれば、RPAを活用しなくても業務自動化の仕組みを構築することが可能です。

この記事では、ノーコードツール・ローコードツールを用いたシステム開発サービスを運営し、数多くのノーコードシステム開発を成功させてきたBOLTが、Zapierがあれば業務自動化にRPAが不要である理由を解説していきます。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT
お問い合わせ・資料請求は
こちらからお気軽にどうぞ

資料請求はこちら

資料請求

お問い合わせはこちら

お問い合わせ