開発

PowerAppsとは?企業が注目する理由やメリット・活用例を解説!

PowerAppとは? 企業が注目する理由や メリット・活用例を解説!

マイクロソフト社が提供するローコード開発ツール「PowerApps」をご存知ですか?

企業のシステム開発の現場では従来のエンジニアのコーディングによる開発から、PowerAppsを用いてシステムを開発するケースが増加しています。

なぜ、PowerAppsを用いたシステム開発が増加しているのでしょうか。

この記事では、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、企業がPowerAppsに注目する理由とツールのメリットを解説します。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

PowerAppsとは

PowerAppsとは

PowerAppsはエンジニアがコーディングをすることなく、日々の業務で利用しているExcelの関数機能やPowerPointと同じ操作感でシステム開発ができるツールです。

PowerAppsはマイクロソフト社が2016年10月から提供開始しており、世界中の企業に利用されています。

ここでは、PowerAppsの持つ特徴と従来の開発方法との違いを紹介していきます。

PowerAppsの特徴

PowerAppsの特徴は大きく分けて、以下の3つになります。

  1. エンジニアでなくてもシステム開発ができる
  2. 200種類以上の外部サービスと簡単に連携できる
  3. クロスプラットフォーム対応のシステムが開発できる

3つの特徴をそれぞれ解説します。

エンジニアでなくてもシステム開発ができる

PowerAppsの開発方法はコーディングではなく、専用の開発環境でドラック&ドロップ操作を行い、システム開発を行います。

開発画面説明

従来の開発方法であればエンジニアのコーディングが必要不可欠でしたが、PowerAppsの場合は、Excelの関数機能やPowerPointで資料を作成するのと同じ要領でシステムを開発することができます。

システム開発をする上で必要な機能はパーツとして提供されているので、それらを必要な箇所にドラック&ドロップすることで、システムに機能が実装されていきます。

コーディング不要なのでエンジニアでない方でも、Microsoft365の利用経験さえあれば、誰でもシステム開発ができます。

テンプレート説明

PowerAppsの開発環境には業務や用途別に予めテンプレートが用意されているので、これらを呼び出すことによって、開発の手間を省くことができます。

例えば、基本的なシステムの土台部分に関してはテンプレートを活用し、独自機能だけを別途で追加することで開発工数を削減することができます。

200種類以上の外部サービスと簡単に連携できる

PowerAppsは外部サービスと連携するための機能として「コネクタ」を用意しています。

コネクタ説明

従来、開発するシステムと外部サービスと連携させるためには、データを繋ぎこむための開発や連携先の仕様調査などが必要です。

この外部サービスとの連携には多くの手間と時間がかかり、何よりエンジニアでないと対応できない領域なのです。

しかし、PowerAppsの場合は、連携させたい外部サービスの「コネクタ」を選択するだけでデータ連携が実装できるので、簡単にデータ連携機能を持つシステムを開発することができます。

PowerAppsのコネクタの数は200種類以上あるため、連携先のコネクタがなくて困るというケースがほとんど起こりません。

もしも、コネクタがない場合は「カスタムコネクタ」を独自に作成することでデータ連携が実現するので、あらゆるサービスと連携することができます。

クロスプラットフォーム対応のシステムが開発できる

PowerAppsで開発したシステムはOS(オペレーティングシステム)やブラウザに関わらず、どの環境でも利用できるクロスプラットフォーム対応システムとなります。

従来のシステム開発だと、システムを稼働するOSやブラウザごとにシステムの仕様変更が必要で、仮に利用するブラウザがChromeとSafariの両方の場合、2つのブラウザ仕様のシステムを開発する必要があるため、開発工数が増加します。

しかし、PowerAppsで開発するシステムはクロスプラットフォーム対応となるので、OSやブラウザごとにシステムを開発する必要はないので、より自由度の高いシステムを最小の工数で開発することができます。

従来の開発方法との違い

PowerAppsの既にあるものを再利用してシステムを開発する開発方法は、これまで当たり前のようにエンジニアがシステム開発の度に、同じような機能を全て一から開発していた開発方法を根底から覆すものです。

これまでのシステム開発は開発する内容は違えど、ほとんどのエンジニアが以下のような機能をシステム開発の度に時間をかけて作成していました。

  • ログイン機能
  • 権限管理
  • データベース
  • 入力フォーム
  • データ連携機能

PowerAppsは、システム開発で利用される頻度の多い機能やデータ連携先の接続機能を予め、再利用できる機能として提供し、それらをエンジニアでない方でも簡単に利用できる環境を提供しています。

つまり、これまではエンジニアがいなければシステム開発ができなかったものが、アイディアさえあれば、誰でも簡単に業務効率化のためのシステムを用意できるようになるのです。

PowerAppsを活用するメリット

PowerAppsを活用するメリット

PowerAppsを利用してシステム開発を行った場合、企業は多くのメリットを享受することができます。

ここでは企業がPowerAppsをシステム開発に利用した場合に得られる、3つのメリットを紹介していきます。

システム開発コストを削減できる

PowerAppsを利用すると、システム開発コストを大幅に削減することが可能です。

通常のシステム開発の場合、システム開発会社に依頼するケースが多いですが、その場合は長い開発期間と、高額な開発費用が必要となります。

システム開発会社はシステム開発は得意ですが、依頼先の業務体系や企業文化に関しては素人なので、それらの認識合わせのためだけでも、1ヶ月~2ヶ月の期間が必要となり、実際にシステムができあがるのは何カ月も先になります。

かつ、システム開発は開発会社のリソースをどれだけの量と時間を利用するかで開発費用が決まるため、長い時間をかければかけるほど、開発費用が膨れ上がります。

PowerAppsは既に用意された機能をドラック&ドロップするだけで開発が進むので早ければ、数日から数週間でシステムが用意でき、かつ内製化であれば、作業者は通常業務の範囲内でシステム開発ができるので、システム開発に必要な費用も大きく削減できます。

システム開発失敗のリスクが少ない

PowerAppsを利用してシステム開発を行う場合、システム開発失敗のリスクを下げることができます。

以下はよくあるシステム開発失敗パターンです。

  • 完成したシステムが要望と異なる
  • 現場で利用してもらえなかった

これらは発注者側の意図が開発会社やエンジニアに十分に伝わらなかった場合に起こる失敗です。

PowerAppsを活用すれば、業務フローや問題点を理解した現場の人間が自ら開発に携わることができるので、システムに必要な機能や現場が利用しやすい画面を理解した上で、開発を進めることができます。

従来の開発方法では、現場を熟知した人間が開発に携わることはできないので、開発会社との間に認識のずれがあれば、システム開発失敗に繋がりますが、PowerAppsは業務に精通した人材が開発に携われることができるので、システム開発失敗のリスクを排除することができます。

開発後のカスタマイズが簡単

PowerAppsで開発したシステムは完成後も、簡単に追加カスタマイズが可能になります。

システム完成後には必ず、追加カスタマイズの要望が現場から出てきます。

完成したシステムが現場の手に渡ると、触って初めて気づくアイディアなどが多く現れます。

この追加カスタマイズ要望に対応するかしないかで、その後のシステム利用率や現場への浸透度合いを大きく左右することになります。

通常のシステム開発の場合は、追加カスタマイズの度に開発会社に見積をとり、社内に追加開発費用の稟議に時間をかける必要がありますが、PowerAppはそのような無駄な時間と費用は必要ありません。

エンジニアでなくても、簡単に開発ができるPowerAppsは追加カスタマイズも簡単に現場主導で実装することができます。

PowerAppsなら追加カスタマイズ要望が出た場合でも、追加費用や開発期間をかけることなく、現場の要望をシステムに反映することが可能です。

PowerAppsの活用例

PowerAppsの活用例

誰でも簡単にシステムを開発ができるPowerAppsは部門単位の業務効率化やデジタルトランスフォーメーション(DX)のために利用する企業も増えています。

ここではPowerAppsを用いて社内システムを開発した企業の事例を紹介していきます。

経済産業省:行政手続きのデジタル化

省庁や自治体における行政手続きのデジタル化にPowerAppsが用いられています。

経済産業省は2019年6月の「後援名義申請デジタル化等を例とした行政手続 PaaS 環境の導入実証・調査事業」にて既に実用化されているプログラミングレスツールを用いて、デジタル申請と処理が可能なシステムを開発するための基盤として、PowerAppsを採用しました。

行政の現場から「アナログ業務のデジタル化」の要望の声が多かったが、既存のシステム開発手法では時間と費用がかかってばかりで、効果が出せないことに加え、システム化するほどの業務量でない業務もあったため、検討が思うように進みませんでした。

しかし、PowerAppsを利用すれば、問題であった開発期間と費用を圧縮することが可能になり、かつ業務量が少ない業務も簡単にデジタル化を進めることができるのです。

従来のシステム開発はシステムが完成してから、検証作業をするため、手戻りが多く、完成までに多くの時間が必要ですが、PowerAppsはプロトタイプによる段階的な効果測定が可能なので、検証しながら開発を行えるため、手戻りを最小とすることができます。

手戻りが少ないということは開発期間の短縮とコスト圧縮に繋がり、経済産業省の抱えていた開発期間と費用の課題の両方をPowerAppsが解決した事例です。

サカタ製作所:外出先からでも在庫検索可能に

新潟県に本社を構え、建築金物の開発、販売を手掛ける株式会社サカタ製作所では営業部門における在庫確認のための在庫検索アプリをPowerAppsで開発しました。

導入前は基幹システムがオンプレミスであったために、社外からシステムのデータにアクセスする手段がなく、営業担当者は外出先から在庫検索をすることができないため、顧客に対してすぐに在庫回答ができない状態でした。

そこで営業部門の業務効率化のため、基幹システムのデータとPowerAppsを連携した在庫検索アプリをPowerAppsで開発することに着手しました。

アプリの導入後は5分間隔で最新の在庫情報をスマートフォンから確認できるようになったことで、営業担当の業務効率化と問い合わせスピードを改善することで、顧客満足度を向上し、受注増加の効果を生み出しています。

基幹システムに保存されていたデータを、PowerAppsのカスタムコネクタ機能を利用して連携することで、大きな開発コストをかけずに、業務効率化のアプリ開発に成功した事例です。

【まとめ】PowerAppsを活用すると簡単に業務システムを作成できる

【まとめ】PowerAppsを活用すると簡単に業務システムを作成できる

企業がPowerAppsに注目する理由は従来の開発方法よりも、安価で簡単にシステム開発ができるからです。

PowerAppsを利用すれば、従来のシステム開発方法で必要となる巨額な開発費用や長い開発期間は必要ありません。

また、エンジニアがいなくても、現場主導で簡単に業務システムを開発できるため、社内の業務効率化推進はもちろんデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を後押しすることにも繋がります。

アイディア次第では中小企業であっても、大企業に劣らないシステムをPowerAppsで開発することも可能です。

社内にシステム化要望やデジタルトランスフォーメーションに向けたシステム企画がある場合は、PowerAppsを用いた現場主導のシステム化を検討してみてはいかがでしょうか。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールでの開発に特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

最新技術を活用したシステム開発で従来の開発会社よりも低いコストで柔軟性の高いシステム開発を実現することができます。

もし、PowerAppsを活用したWEBシステムの開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる