システム開発が失敗に陥る原因とは?成功させるポイントも解説

システム開発が失敗に陥る原因とは?成功させるポイントも解説のアイキャッチ画像

システム開発の現場において「成功するシステム開発は3割、残りの7割はシステム開発に失敗する」という言葉が存在します。

なぜ7割もの企業がシステム開発に失敗してしまうのでしょうか。

システム開発は企業にとって大きな投資であり、部署単位のシステムならまだしも、社内全体の基幹システムの開発でシステム開発失敗に陥ると取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

これからシステム開発を行う方は、他社のシステム開発失敗事例から失敗原因を理解し、同じ失敗を繰り返さない対策とったうえで、システム開発に取り組む必要があります。

そこで、この記事では、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、企業がシステム開発失敗に陥る原因を説明すると共に、システム開発を成功させるポイントを解説します。

これからシステム開発に取り組む方は必見です。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT
お問い合わせ・資料請求は
こちらからお気軽にどうぞ

資料請求はこちら

資料請求

お問い合わせはこちら

お問い合わせ