ノーコードとローコードの違いとは?代表的なツールも解説!

ノーコードとローコードの違いとは?代表的なツールから 注意点までを解説

近年、オンライン需要の高まりや深刻なエンジニア不足により、ノーコード(NoCode)やローコード(LowCode)を活用した開発手法が注目を集めています。

ノーコード/ローコードツールを活用することで、プログラミング知識・経験を持たない非エンジニア人材でも、日常業務に役立つアプリケーションを短時間で開発することが可能です。

しかし、ノーコードとローコードの違いがよくわからないと感じる方も多いのではないでしょうか。それぞれの手法は、特徴やメリットが異なるため、特性を理解しないまま導入を進めてしまうと、思うように開発が進まないこともあります。

本記事ではノーコード・ローコードツールの概要やメリット、利用時の注意点について解説します。こちらをお読みいただくことで、どちらの手法を取り入れるべきか判断できるようになるため、アプリ開発をご検討中の方は必見です。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT
お問い合わせ・資料請求は
こちらからお気軽にどうぞ

資料請求はこちら

資料請求

お問い合わせはこちら

お問い合わせ