【PowerApps活用事例13選】サンプルや実用例を紹介!業務改善したい方必見!

PowerAppsを活用したいが、「どのような場面で活用すればいいのか」「どういう課題を解決できるのか」かイメージできずに困っている方は多いのではないでしょうか。

PowerAppsはアイディア次第でどんなシステムも開発することができますが、一方で初めてPowerAppsを利用する方や、現場主導活用する場合には活用方法を思いつくまでに時間がかかるのではないでしょうか。

せっかく導入したシステムもうまく活用できないと、「私たちでは使いこなせない」「部署ごとに効率化するのは無理だったんだ」というネガティブなイメージが付いてしまい、いつの間にか使われなくなってしまいます。

そこで、この記事ではノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、PowerApps導入企業の事例を紹介すると共に、よくある課題別の活用方法も紹介します。

事例集がすぐに欲しい方、社内共有をご検討の方へ

下記のバナーリンク先のフォームから、たったの30秒で事例集をダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

目次

PowerAppsとは?特徴をわかりやすく解説

PowerAppsは、Microsoftが提供する業務アプリ開発ツールです。ノーコード・ローコードで開発できるのが特徴です。

専門的なUIではなく、ドラッグ&ドロップなどで開発できるUIを用いて開発するツールをノーコード・ローコードと呼びます。プログラミング知識が少ない企業でも取り入れやすいのが魅力です。

例えばPowerAppsを使うことで、手動でおこなっている複雑な業務をシステムで管理できるようになります。

「社内で1つのワークフローのなかで複数のツールを導入している」「自動化できる仕事を手動でおこなっている」など、非効率な業務を効率化できるツールです。

【国内】PowerApps活用事例を7つ紹介

PowerAppsの活用事例

国内のPowerApps活用事例を紹介します。「社内の業務効率化の具体的な手法が思いつかない」「社内のワークフローの無駄に気付けない」などの悩みを抱えている方は、参考にしてみてください。

株式会社ファンリピート

参考:株式会社ファンリピート

当社が開発のご支援をさせていただいた広告代理店企業様では、もともとエクセルを始めとした様々なシステムを使って、営業・販売に関するデータを管理されていました。

その際の課題として、

・営業部のAさんは△△のシステムを確認して〜
・マーケティング部のBさんは〇〇のシステムを確認して〜

と、いわゆるシャドーITと呼ばれる課題を抱えていらっしゃいました。

シャドーITとは、企業などの組織内で用いられる情報システムやその構成要素(機器やソフトウェアなど)のうち、従業員や各業務部門の判断で導入・使用され、経営部門やシステム管理部門による把握や管理が及んでいないもの。

引用元:IT用語辞典

上記の課題を「1システムでの一元管理を行えるようにする」という形で解決するために、PowerAppsのモデル駆動型アプリ(Dynamics365)での開発をサポートさせていただきました。

要件定義からご一緒させていただき、PowerAppsにはもともと存在しない機能「Excel帳票の発行」なども外部サーバーとのAPI連携で実現いたしました。

上記、PowerAppsモデル駆動型アプリの活用事例についてご興味をもっていただけた方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

\ 高品質×高速開発 /
ノーコード・ローコード開発ならBOLT

「Webアプリケーション開発を高品質かつ高速で依頼したい…」そんな方に弊社のBOLTをご提案します。

  • 企画・提案力を武器にした上流工程支援
  • 高品質と高速を両立する開発支援
  • お客様第一の進行管理
  • 継続的なアップデート体制

システム開発の内製化やDXでお悩みの方はぜひご相談ください!

経済産業省

参考:経済産業省「令和2年度経済産業省デジタルプラットフォーム構築事業(ローコードツールを活用したGビズフォームの導入実証・調査事業) 最終報告書

経済産業省ではインフォシェア株式会社に委託する形で、PowerAppsを用いたシステム開発をおこないました。

経済産業省ではもともと、電子申請システム「Gビズフォーム」を提供しています。省内職員向けと外部利用者向けに2種類のアプリケーションを開発していました。

省内職員向けはPowerAppsの「モデル駆動型のアプリ」を利用しています。これは大規模データを管理するためのアプリケーションです。一方で、外部利用者向けでは「ポータル型」のアプリケーションを作成し、UI観点でも使いやすいよう意識しています。

この「Gビズフォーム」の開発には複数の開発者が関わっており、ルール・レギュレーションが整備されていない課題がありました。対して、ドキュメントの整備などの解決策を取りました。

またそのうえで、利用者側のUIの改修などもおこない、より使いやすいツール作成を進めています。

PowerAppsはローコード・ノーコードだからこそ、メンテナンスやセキュリティに力を入れる必要があります。チーム開発をおこなう場合は、特に環境整備を意識しましょう。

トヨタ自動車株式会社

参考:Microsoft「トヨタ自動車の工場 DX プロジェクト Power Platform と市民開発を武器に自律的デジタル化によるカイゼンを加速

トヨタ自動車株式会社は2021年2月からPowerAppsを用いたアプリ開発を推進しています。2023年2月段階で、すでに40以上のアプリを独自開発している状況です。

もともと社内でデジタル活用するために、年単位のリードタイムも発生するほどハードルが高かったことが課題でした。

この課題に対して、もともとMicrosoft 365の全社導入をしていた同社では、開発の自由度を高めるためにノーコード・ローコード開発が可能なPowerAppsを導入しました。

これにより、ある工場業務の作業時間は平均16分から7分まで削減し、費用対効果を感じています。

北陸先端科学技術大学院大学

参考:Microsoft「誰もが開発者になれる時代がすぐそこに。北陸先端科学技術大学院大学におけるローコード開発プロジェクト

大学では競争が激しくなっています。他学との差別化をするためには、学生・職員が質の高い研究ができるようなインフラ環境を整備することが必須です。

そんななか北陸先端科学技術大学院大学はデジタル化を取り入れていましたが、システムが多すぎるうえ、UI上の問題もあり、使い勝手が悪かったといいます。その結果、浸透しておらず、押印業務をはじめアナログ業務が残存していました。

そこでPowerAppsを導入。他のツールとのAPI連携ができることが大きな魅力だったといいます。また開発チームにはプログラミング初学者もいましたが、ノーコード・ローコードだったため、スムーズに開発が進んだそうです。

その結果、ある業務においては体感・1/10ほどの労力で業務改善できています。

株式会社ニトリ

参考:Microsoft「定着が進まなかった営業支援システムを Power Apps で内製開発したアプリに切り替え、営業活動の効率アップを実現したニトリの取り組み

株式会社ニトリではもともと他社SFAを導入して、営業業務の改善を考えていました。しかし部内にSFAの知見がなく、活用が進んでいなかったそうです。この状態が4年ほど続きました。

そんななかPowerAppsを用いたオリジナルのSFAアプリを開発しました。

ニトリではもともと「内製化」の風土が強いという特徴があります。そんななか開発に時間がかかることがネックですが、ノーコード・ローコードを用いることで作業レベルでの課題が解消されました。

また自社でSFAを開発・メンテナンスすることで、カスタマイズがしやすくなったこともあり、社内での浸透率が高まっているといいます。

ヤマトホールディングス株式会社

参考:Microsoft「Microsoft Power Platform で構築したダッシュボードを活用し、史上最大となる国際的な大規模スポーツ大会の物流を実現

2021年夏の東京五輪に際してヤマトHDでは、1万台以上の車両と7000人以上の人員を割いて、会場設営に貢献しました。

今大会では東京を中心とした43の会場に資材を運ぶ必要があり、サプライチェーンが複雑化するという課題があったといいます。

そんななか、東京五輪用のオペレーションシステムをPowerAppsで開発しました。以下の3つが利点となり、導入を決めたとのことです。

  1. 業務要件が日々変わるなか、アジャイルでの開発が可能なこと
  2. 過去大会のExcelデータを扱いやすいこと
  3. セキュリティ面が安心であること

今回の成功体験を軸に、他のイベント物流業務にも対応していく下地ができました。

日本たばこ産業株式会社

参考:Microsoft「Power Apps によるローコードでのアプリ開発で営業活動のパフォーマンスが向上。旧来の図式を刷新し、現場社員が積極的に取り組む業務システムは企業の変革をもたらす

喫煙人口が減少するなか、日本たばこ産業株式会社では従来の営業スタイルを見直す必要がありました。

たばこ販売許可を持つ売り場だけでなく、電子タバコのデバイス体験店舗などで、消費者に直接アピールする必要が出てきました。

新しい営業体制を構築するために同社では、PowerAppsを用いて自社開発を進めました。もともとは外部ベンダーに保守を依頼していましたが、新体制発足直後ということで、たびたび要件が変わり対応に苦慮していたといいます。

またPowerAppsを使った営業システムを浸透させるため、社内セミナーを実施。現在では従来のシステムもPowerAppsに移行し、一元管理が進んでいます。

【海外】PowerApps活用事例を6つ紹介

ここではPowerAppsを活用して、システム開発を行っている企業の活用事例紹介していきます。

PowerAppsの活用を検討しているが、活用方法が思いつかずに困っている方は、導入企業の活用事例を今後のシステム化の参考にしてください。

Telstra:顧客情報の一元管理

参考:Telstra

オーストラリアの大手通信会社テルストラは顧客サポートを行うための情報がスプレッドシート・紙などの様々な形式で社内に分散化してしまっていることを課題として、顧客への手厚いサポートを実現するためにPowerAppsを導入しました。

テルストラで作成されたアプリは「TIDE」と呼ばれる問い合わせ解決システムです。

TIDEには顧客からの問い合わせがチケットとして保存され、全ての担当者がアクセスして、問い合わせに対する進捗管理・情報共有する用途で開発されました。

顧客の問い合わせ情報が記載されたチケットには、関連する情報やコメントが記載できるようになっており、状況が変化した場合には関連する全ての従業員に通知される仕組みになっています。

管理者はTIDEで顧客からの問い合わせチケットの状況を確認して、進行中なのか、解決したのかを簡単に確認できるようになりました。

TIDEを利用することで、顧客から問い合わせを受けた時点で、問題解決のために必要な情報が全て集約されるため、現場の担当者は顧客対応する前にTIDEを確認することで顧客情報はもちろん、問い合わせ解決のために必要な情報を全て確認することができます。

TIDEによって、現場の担当者は迅速に問題を解決することができるので、顧客満足度の向上を実現しました。

Reliable Electric:見積積算の自動化

参考:Reliable electric

Relaiable Electricはカナダの高級個人住宅向けの電気設備の設計・デザイン・工事をトータルで提供している企業です。

顧客に対して提案をするためには見積書を作成する必要があり、顧客の住宅図面から材料を拾い出して、拾い出した材料情報から見積書を作成しますが、この見積作業に大きな課題が存在しました。

Relaiable Electricは見積積算のためにAccubidと呼ばれる古いソフトウェアを活用していましたが、図面から拾い出した情報を全てAccubidで入力し、計算された見積情報を全て、1つずつスプレッドシートにコピー&ペーストする作業を行っていました。

このコピー&ペースト作業は非効率な作業であり、かつ使いにくい画面であったため、見積積算に時間がかかり、顧客への提案スピードにも悪影響を及ぼしていました。

見積積算改善のためにツール導入を検討しましたが、Accessでは対応できず、Excelでは煩雑すぎて、従業員が利用することができないため、課題解決の手段が見つかりませんでした。

そんな中で、Relaiable ElectricはPowerAppsで見積積算システムを構築したところ、見積積算画面に図面から拾い出した部材の数量を入力するだけで、データベースに保存されている製品データや作業単価を参照して、見積書が自動作成されるようになりました。

見積作成にコピー&ペースト作業が不要になったことに加え、業者向けの製品リストや部品表も自動でシステムから作成されるようになったため、見積以外の業務改善も実現しました。

Pinnacle Group:ヘルプデスクの紙業務をデジタルに

参考:Pinnacle group

Pinnacle Groupは公共物件の住宅、学校などの管理・運営を手掛ける企業です。

Pinnacle Groupでは管理する物件に対して、様々な監査を行い、それらの監査結果を報告していますが、この監査レポートは紙ベースの管理であったために面倒な業務が多く発生していました。

また、紙ベースの業務が原因で、メモ情報の入力漏れやスプレッドシートへの転記ミスが多く発生しているため、社内で問題視されていました。

そこで、Pinnacle GroupはPowerAppsを活用して、監査プロセスを効率化する安全衛生管理アプリを開発しました。

このアプリには監査業務に沿ったワークフローが設定されており、各フェーズごとに担当の監査官が必要情報をドロップボックスやコメントなどで登録できるようになっており、その他にもタスクの追跡などで作業漏れが発生しないよう仕組みになっています。

監査業務が全て完了すると、システム内で未完了の監査項目が集計され、レポート情報のURL情報がメールで関係者に報告されます。

レポートはPowerBIに連携されて、自動作成されるので、1つのツールで全ての業務の流れを追えるようになりました。

Pinnacle GroupはPowerAppsの導入により以下の効果を生み出しています。

  • 紙の印刷を年間3300枚削減
  • データの入力時間を550時間節約
  • 未対応の業務調整のための作業時間を年間450時間削減

PowerAppsで非効率な紙の業務を全てシステムに置き換えることで、高い業務効率化を実現しています。

Priceline:店舗データ集計作業を効率化

参考:Priceline

Pricelineはオーストラリアに480以上の店舗を構える大手医薬品販売業者です。

Pricelineの店舗責任者はデータ収集に大きな課題を抱えていました。

店舗責任者が自店舗の報告レポートを作成するためには複数のシステムにアクセスして、手作業でデータを収集する必要があり、このデータ収集に何時間も時間をかけていました。

またCMや各種広告を用いたプロモーションを行った際には、店舗の売上がピークに達するため、データ収集作業には更に時間が必要になり、全店舗から報告された報告データを本部がBIツールで視覚化するのにも、1営業日の時間が必要になりました。

本部が実績データを確認するのが1日遅れることで、プロモーション活動の結果を確認して、すぐに改善活動に動き出せないため、非常に大きな問題となっていました。

そこでPricelneはPowerAppsを活用した店舗データ集計アプリ「Heart in Hand」を作成しました。

この店舗データ集計アプリは、以下の改善をもたらしました。

  • 店舗責任者はどこからでも、店舗情報にアクセス可能
  • 自店舗のエリアに存在する全ての店舗の販売状況がリアルタイムで閲覧可能に
  • 店舗改善のための、アイディアや要望を投稿できるように
  • 必要なレポートを自動作成

Heart in Handにより、店舗責任者は人がやるべきでないデータ集計作業から解放され、本来の価値の高い業務に注力できるようになりました。

PowerAppsの「コネクタ機能」を活用し、外部のデータソースと連携し、必要な情報を一か所に集約することで、レポート業務の自動化を図った事例です。

Kelly Roofing:現場進捗管理のデジタル化

参考:Kelly roofing

Kelly Roofingはアメリカフロリダ州で最大手の屋根葺き替え工事の請負業者です。

Kelly Roofingでは工事中の作業進捗の報告のために手順や状態に従って、作業員が写真撮影を行い、その写真データを登録・整理するために現場の作業員が、多くの時間をかけていました。

この現場作業員による写真での報告作業を効率化するためにPowerAppsを用いて、現場管理アプリを構築しました。

現場作業員は、作業の開始前、作業中、作業後の写真をスマートフォンからアップロードすることでアプリ側で作業員の担当現場の情報を参照し、データを自動登録します。

登録だけでなく、必要であれば作業報告情報を顧客や関係するメンバーにメールで共有することも可能です。

アプリに登録された作業データは毎日顧客に作業日報として提供されるので、現場作業員が報告のための日報を作成する必要もなくなりました。

現場作業員がアプリにデータを登録するだけで、営業担当者はリアルタイムに現場の進行状況を確認できるため、顧客からの進捗問い合わせ件数を30%削減することに成功し、業務効率化と顧客満足度向上を同時に実現した事例です。

Metro Bank:デジタル化による新たな顧客体験を創造

参考:Metrobank

Metro Bankはイギリスのロンドンに、50以上の店舗を展開する銀行です。

Metro bankではウェルカムエクスペリエンスと位置付けた高品質の接客サービスを提供するために、PowerAppsで接客対応用のタブレットアプリを開発しました。

従来の接客サービスでは、紙のクリップボードに顧客名を記入し、事務所まで戻り、CRMシステムで顧客情報を確認する作業を繰り返していました。

このアナログ業務の影響で、顧客の待ち時間を正確に判断できず、顧客に最適な担当者を設定するのにも時間がかかっていたため、十分な顧客体験をもたらすことができませんでした。

しかし、タブレットアプリの導入後は待機している顧客、対応可能な従業員、顧客担当者が昼食から戻る時間などのデータをタブレット上で簡単に検索・確認できるようになりました。

システム化されたことで、待ち時間の計測が正確になることに加え、受付窓口が対応可能になった場合に、店舗の外にいる顧客にアプリからテキストメッセージを送付することまで可能となりました。

接客業務にタブレットアプリを活用することで、わざわざデスクに戻らずに必要な情報を手にしたうえで、接客対応ができるため従来よりもはるかに高品質な接客サービスを提供できるようになりました。

PowerAppsで開発したアプリで非効率な業務を改善することで、業務の効率化だけでなく、顧客に対して新たな価値を提供することに成功した事例です。

【簡単に脱Excel】すぐ作れるPowerAppsアプリを紹介

実際にPawerAppsの活用を考えている方に向けて、具体的にすぐ作れるアプリを紹介します。ここでは「帳票アプリ」「日報アプリ」の作り方を解説します。

帳票アプリ

Excelなどにまとめた、請求・見積もりデータから、自動で請求書や見積書を作成するアプリを簡単に作成できます。

手動で一つずつ、帳票を作るのは非常に面倒な作業です。Excelに数値データだけを登録しておき、月末にまとめて出力する、といった対応に変更できます。これにより業務を効率化できます。

詳しい作り方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
PowerAppsで帳票出力する方法について PowerAppsでは、データベースを利用した書類の出力を簡単に行えます。自分で数式を組まなくても、テンプレートから印刷ボタンを配置したアプリ画面を作成することが可能...

日報アプリ

日報を日々作成している企業も多いと思います。特に新入社員研修などの場合は必要なものです。ただし企業によっては、フォーマットがなく、文章で提出していることもあるでしょう。

この場合、作成に時間がかかります。またフォーマットがばらけていると、分析しにくくなります。

PowerAppsを用いることで、入力項目を定型化できるので、作成時間を短縮できます。また外部データベースとの連携ができるため、集計・分析をやりやすくなるのも魅力です。

詳しい作り方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
PowerAppsで日報アプリ作成する方法について 日報作成や管理に手間がかかるとお悩みの企業は少なくありません。 メールで送っていて管理が面倒 Excelで管理しているので作成・提出がやりにくい などお困りであれば...

現場でよくある課題別の活用方法

現場でよくある課題別の活用方法

ここでは、企業の現場によくある課題別のPowerAppsを活用方法を紹介していきます。

紹介する3つの課題は必ず社内に存在するものなので、PowerApps活用のヒントにしてください。

アナログ業務をシステム化したい

アナログ業務をシステム化する場合は、PowerAppsのテンプレートアプリを利用することをお勧めします。

PowerAppsでは部門別でよくある業務テンプレートアプリが用意されているので、それらを利用して、システム化することができないか検討をしてください。

もちろん、ゼロから開発することも可能ですが、テンプレートアプリを利用することでシステム開発工数を大幅に下げることができます。

基本的はテンプレートアプリを利用して、業務をシステム化できないか検討し、どうしてもテンプレートで解決できない部分がある場合は、その部分のカスタマイズをすることで最小の工数でシステム化が実現できます。

データを一元管理したい

複数のシステムやデータベースに散らばるデータを、一元管理したい場合はPowerAppsの「コネクタ」を利用して、データ連携することをお勧めします。

PowerAppsには200種類以上の外部サービスと連携するためのコネクタが用意されています。

従来ではデータ連携をするには、システムの繋ぎこみ部分の開発に加え、連携先のシステムの仕様調査が必要で、手間のかかる開発内容でした。

しかし、コネクタを利用することで、面倒な連携のための作業を省くことができます。

コネクタを活用してPowerAppsのシステムに集約できた後は、Microsoftが提供するBIツールである「Power BI」に連携することで、データを視覚化することが可能です。

データの集約はPowerAppsのコネクタを活用し、データの視覚化にはBIツールであるPowerBIを活用することで、データの集約から視覚化を1つのツールで管理することができます。

定型業務を自動化したい

毎日必ず行う定型業務はPowerAppsの「Flow(フロー)」機能を活用すれば、業務自動化の仕組みを構築することができます。

定型業務には必ず「この連絡がきたら、別システムに入力する」、「この作業の後はスプレッドシートに転記」など決まったワークフローとなっていることがほとんどで、システム化しやすい領域です。

PowerAppsのFlow機能はシステムから呼び出すことができる、ワークフローを作成することができる機能です。

例えば、問い合わせフォームに申請があった際に毎回、関係部署にわざわざ内容を転記して、メールを送付している定型業務があるとします。

この業務をFlowで自動化する場合は、以下のようなフローを組むことで解決できます。

  1. 問い合わせフォームに申請が入ったら、問い合わせ内容を取得する
  2. 取得したデータの連絡先部署の項目から送付先部署を指定する
  3. 送付先部署のSlackのチャンネルにデータを連携する

このような形のワークフローを構築するだけで、以降の問い合わせフォームからの申請は全てPowerAppsのアプリから、自動でSlackにデータ連携される自動化が実行されるようになります。

定型業務のような、決まった作業だけ繰り返す業務は最もシステム化しやすいので、Flowを活用して、業務自動化に取り組むのはいかがでしょうか。

【まとめ】非効率な業務は全てPowerAppsの活用対象

【まとめ】非効率な業務は全てPowerAppsの活用対象

この記事ではPowerApps導入企業の活用事例と企業の課題別の活用方法を紹介しました。

活用事例で紹介したように、PowerAppsはあらゆる企業の課題を解決できる柔軟性と拡張性を有したシステム開発ツールです。そのため、非効率な業務は全て、PowerAppsの活用対象となります。仕事をしていて非効率だと感じる場合は、それがPowerAppsを活用したシステム化のアイディアになります。PowerAppsにはテンプレートアプリも豊富に用意されているので、まずはテンプレートアプリと多少のカスタマイズで解決できる範囲で活用してみるのはいかがでしょうか。

【無料】PowerApps活用事例集を配布しています

弊社では、PowerAppsの活用を深めたい方向けに『Power Apps 活用事例集』という資料を無料で提供しています。

下記のフォームを送信いただくと、自動返信されるメールからのリンクにて資料をダウンロード可能です。

この資料では、具体的な活用例が豊富に紹介されており、ダウンロードしてすぐにでも参考にできます。ぜひ、ご活用ください。

\ 高品質×高速開発 /
ノーコード・ローコード開発ならBOLT

「Webアプリケーション開発を高品質かつ高速で依頼したい…」そんな方に弊社のBOLTをご提案します。

  • 企画・提案力を武器にした上流工程支援
  • 高品質と高速を両立する開発支援
  • お客様第一の進行管理
  • 継続的なアップデート体制

システム開発の内製化やDXでお悩みの方はぜひご相談ください!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT編集部のアバター
BOLT編集部

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステムの受託開発・導入支援サービスです。
BOLT編集部が執筆するコラムでは、ノーコード・ローコードツールの使い方や事例紹介、システム開発の基本知識などを取り上げています。ノーコード・ローコードの開発に興味をお持ちの方やお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

現在開催中のウェビナー

どのように始める?脱Excel管理

Excel(エクセル)は多くの企業内で導入され、表計算やVBAによるマクロ機能が充実していることから、顧客管理や施工管理、品質管理など多くの業務管理に活用されています。

しかし、複数人同時での共同作業が行えなかったり、業務が複雑化、さまざまな場所にデータが点在することから管理が煩雑、属人化してしまいます。

本ウェビナーでは、Excelでの業務管理に限界を感じている経営者、管理職、現場社員の方達に向け、脱Excelをローコードツールで実現する方法を紹介しています。

ウェビナー目次

  • Excel管理の課題
  • 代替ツール(SaaS)の課題
  • 脱Excelをローコードで実現しませんか
  • ケース別の業務改善例

開催日時・場所

  • 開催日時:随時開催中!!
  • 開催場所:オンライン(Google Meet)
  • 参加料:無料
目次