開発

ローコード開発とは?企業が取り入れるべき理由やメリットを解説

ローコード開発とは?企業が取り入れるべき理由やメリットを解説

最低限のエンジニアリソースでシステム開発が行えるローコード開発(LowCode)をご存知ですか?

2020年現在、国内でIT人材が36.9万人不足しており大企業においても十分な数のエンジニアを確保することが難しい状況であり、人材確保ができず、システム開発が停滞している企業も見受けられます。

その中で新しいシステム開発手法であるローコード開発は企業の抱えるIT人材不足問題を解決し、企業のシステム化を後押しする存在となっています。

ローコード開発における基本的なシステム開発はコーディングが分からない方でも簡単に画面上のドラック&ドロップ操作で構築可能で、業務ロジックやデータ連携などの追加拡張が必要な部分だけエンジニアがコーディング作業をする開発手法になっています。

ローコード開発を取り入れれば、企業はシステム開発におけるエンジニアのリソースとエンジニア作業期間を最小抑えることができるため、システム開発費用の削減と効率化なシステム構築が実現します。

類似する開発手法としてノーコード開発が挙げられますが、ローコード開発はノーコード開発と比べてよりカスタマイズ性の高いシステム構築が可能です。

しかし、ローコード開発をよく知らない方やローコード開発のメリットが分からない方も多いと思います。

そこで、この記事ではローコード開発の概念とメリットを説明すると共に企業が取り入れるべき理由を詳しく紹介していきます。

システム開発を検討している方は必見です。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

ローコード開発とは

LowCode(ローコード)開発とは

ローコード開発は、従来のエンジニアのコーディングによる構築ではなく、基本的なシステム構築は画面上でのドラック&ドロップで行い、必要に応じてコーディングを行うことで独自機能をシステムに追加できる開発方法になります。

ローコード開発環境にはシステムを構築するための機能が全て事前に用意されているため、面倒なインフラ環境準備などに時間を割くことなく、迅速なシステム開発を実現することができます。

ノーコード開発との違い

ローコード開発と類似する開発手法がノーコード開発で、これらの違いは「コーディングが必要か不要か」の点です。

ノーコード開発は文字通り「ノーコード」、つまりコーディングを一切することなく画面上のドラック&ドロップで誰でも簡単にシステムを開発することができます。

一方でローコード開発は基本的なシステム開発方法がドラック&ドロップであることは同じですが、独自機能の追加拡張にコーディングが必要となります。

ノーコード開発のように全くコーディングをする必要ないわけではありませんが、ローコード開発の場合は用意されていない機能であってもコーディングを行うことで独自機能の追加が可能なため、ノーコード開発に比べ、柔軟性の高いシステムの開発が可能です。

従来の開発手法との違い

従来のシステム開発の場合、エンジニアによるコーディング作業が必要不可欠であり、開発期間が長期化するため、誰もが気軽にシステム開発を行う環境ではありませんでした。

しかし、ローコード開発の登場によってエンジニアでなくてもシステム開発できるため、企業は高額な予算、長い開発期間をかけずにシステム開発ができるようになります。

システムの大部分を画面上のドラック&ドロップで構築できるため、エンジニアでない方でも簡単にシステム構築ができ、必要な部分だけコーディングをすることで最小のエンジニアリソースで効率的にシステムを開発することができます。

国内の深刻なIT人材不足によりエンジニア単価も上昇傾向にあり、人件費の高いエンジニアを開発期間の全てに投下して高いコストをかけるのでなく、必要部分だけエンジニアリソースを投下することでコスト削減が実現します。

ローコード開発への期待が高まる

日本国内においてIT人材不足は大きな問題となっており、大企業であっても人材確保に苦労をしている状態が続いており、中堅・中小企業では人材確保ができず、情報システム部が存在しない場合もあります。

人材不足や働き方改革の波を受け、業務システム構築による効率化は企業課題となっていますが、現場ベースでシステム導入を情報システム部に打診しても、IT人材不足でリソースを割くことができず、システム化に遅れをとっている企業もあります。

慢性的なIT人材不足に悩む企業にとって十分な予算やIT人材がなくても、誰でも簡単に柔軟なシステムを開発できるローコード開発は業務効率化や働き方改革になくてはならないツールです。

システム化を考えているがエンジニアリソースの問題や十分な予算を用意できない企業は、ローコード開発を用いたシステム開発を検討すべきです。

ローコード開発のメリット

ここでは企業がローコード開発を取り入れることで得られるメリットを紹介していきます。

ローコード開発の導入を視野に入れたい方はどのようなメリットがあるのかをしっかりと把握してください。

開発コストを最小限に抑えられる

システム開発は投下するエンジニアのリソースと開発期間によって大きく左右されます。

ローコード開発の場合、システムの大部分はエンジニア以外で画面上から構築してしまい、必要な開発箇所だけにエンジニアを投下することで人件費の高いエンジニアの工数を最小限に抑えることができます。

開発期間に関しても、システムを開発するための必要機能はあらかじめ用意されているのでそれらを用いることで開発する機能を削減でき、開発期間を圧縮できます。

固有の業務ルールに柔軟に対応できる

ローコード開発は基本機能に加え、独自機能をコーディングによって追加することができるため、より拡張性の高いシステムを構築することができます。

NoCode開発はコーディングを必要としない一方で、提供されている機能の中でシステム構築をすること必要があるので、必要とする機能が提供されていない場合はシステムに追加で手を加えることができないためシステム開発範囲が制限されます。

しかし、ローコード開発は独自機能が必要な場合にはコーディングによって後から自由に機能追加できるので機能拡張に制限がありません。

企業には独自の業務ルールが必ず存在するので、基本システムはドラック&ドロップだけで作成してしまい、独自の業務ルールのみコーディングで追加拡張することで業務に最も適したシステムをコストをかけずに準備することができます。

運用・保守の負担が少ない

 ローコード開発を用いた場合、情報システム部が行う保守・運用業務の負担を軽減することができます。

ローコード開発におけるインフラ環境は開発ツールを提供するベンダーによって運用・保守作業がなされます。そのため自社でのメンテンナンスやアップデート作業などを行う必要がありません。

大企業で運用するシステムの多い情報システム部は新しく開発するシステムの保守・運用に時間を割く必要がなくなり、情報システム部がない中堅・中小企業ではIT人材がいなくてもシステム運用していくことが可能になります。

システム開発後の運用・保守フェーズは手間が多く、負担のかかる部分ですが、ローコード開発を用いると企業は運用・保守業務をすることなく、システムを利用することができます。

代表的なローコード開発ツール

代表的なLowCode(ローコード)開発ツール

ローコード開発ツールは様々なジャンルごとに分かれて登場しており、ローコード開発を導入する際はシステムの目的や用途に合わせて、最適なツールを選択することが大切です。

ここでは代表的なローコードツールを4つ紹介していきます。

PowerApps

PowerApps

「PowerApps」はMicrosoftが提供するローコード開発ツールで、Microsoft365やOffice365を契約していれば利用することが可能です。

開発環境として「Power Apps Studio」が用意されており、PowerPointやExcelを利用するのと同じような感覚でアプリを構築することができます。

PowerAppsは多くの外部サービスとの連携を簡単に実装できる仕組みになっています。

以下はPowerAppsが連携できる外部サービスの例です。

  • Office 365
  • Dynamics 365
  • Microsoft Azure
  • One Drive
  • Excel
  • Dropbox
  • Salesforce
  • Slack

例えば、Salesforce上に登録されている商談情報をPowerAppsのアプリで参照するなどのデータ連携を簡単に実装することが可能です。

特にOffice365は多くの企業で導入されているので、Office365に蓄積されたデータをPowerAppsのアプリで集計するなどの使い方も可能です。

Salesforce Lightning Platform

Salesforce Lightning Platform

「Salesforce Lightning Platform」は世界的に有名なSFAツール「Salesforce」の構築に利用されているプラットフォームです。

ノンプログラミングで開発ができることはもちろん、Salesforceが提供する豊富な機能を自由に利用することができるため、世界中の企業で利用されている機能を自社のシステムに簡単に追加することができます。

以下はSalesforce Lightning Plathomeで利用できる機能の一部です。

  • データベース
  • ユーザー認証
  • ワークフロー
  • レポーティング
  • ダッシュボード
  • 分析エンジン

Salesforceのデータにアクセスする機能やデータの自動取り込み機能なども用意されているので、基幹システムやSFAとして既にSalesforceを利用している企業が活用することで更なる業務効率化が見込めます。

Salesforce Lightning Plathomeの公式サイトはこちら

楽々Framework3

楽々Framework3

「楽々Framework3」は住友電工情報システムが提供する純国産のローコード開発ツールです。

システムで利用するデータテーブル定義を専用の設計ツールで作成し、完成したデータをインポートするだけでシステムが自動プログラム生成をしてくれるので、開発者側の面倒なデータ設計が簡略化することができます。

シンプルなシステムであればプログラム自動生成機能を利用するだけで完成する場合もあります。

国産ローコード開発ツールであるため、日本企業特有の帳票文化にも対応しています。

作成したい帳票レイアウトのExcelファイルを用意するだけで、システムから自由に帳票を作成することができるので、ペーパーレス化を実現することができます。

楽々Framework3の公式サイトはこちら

Bubble

Bubble

「Bubble」はWebアプリを作成するためのローコード開発ツールです。

あらかじめWebサイト構築に必要なUIパーツがデザインツールとして用意されており、それらをドラック&ドロップで並べていくだけでWebアプリを開発することができます。

Bubbleは外部サービスとの連携機能が豊富に用意されており、APIが用意されている外部サービスであれば、自由にデータのやりとりが可能なため、クラウドサービスを多く利用している企業におすすめなローコード開発ツールです。

企業のランディングページをBubbleで素早くローンチし、資料請求や問い合わせフォームからの情報をAPI連携で社内コミュニケーションツール・CRM・SFAと連携するなどが利用例になります。

Bubbleの公式サイトはこちら

【まとめ】企業はローコード開発を取り入れるべき

【まとめ】企業はLowCode(ローコード)開発を取り入れるべき

この記事では企業がローコード開発を取り入れるべき理由について解説してきました。

IT人材不足は2025年には78.9万人まで増加することが予想されており、人材不足は今後も拡大を続けるため、企業は従来のシステム開発手法を見直す必要があります。

IT人材が十分に確保できない中でも、最低限のリソースで高機能なシステムを開発することができるローコード開発は企業のシステム化の課題を解決する手段になり得ます。

中堅・中小企業においてもローコード開発によって簡単にシステム化ができることに加えて運用・保守の業務負担が軽くなることで、大企業に遜色ないシステムを開発し、運用していくことも難しくありません。

業務効率化のためにシステム化を検討している方、エンジニアリソースの確保に困っている方は是非、ローコード開発を用いたシステム化を検討してみてはいかがでしょうか。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールに特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

コーディング不要の開発ツールを活用することで、従来の開発会社の何倍も低いコストでWEBシステムを開発可能です。

もし、ノーコード・ローコードツールでの開発や予算を抑えたWEBシステムの開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる