AppSheetの料金体系から、各プランの特徴・違いを徹底解説!

AppSheetは、プログラミングコードなしでアプリ開発ができるノーコード(NoCode)ツール。2021年1月にGoogleが買収したことで、現在注目を集めてるツールのひとつです。

DX推進やビジネスのオンライン化により、自社業務を効率化するための業務アプリ開発を検討する企業も増えています。

DXを実現する手段としてノーコードツールは注目を集めていますし、その中でもGoogleのサービスであるAppSheetとはどのようなものか、気になる方は多いはずです。

特に開発コストを極力抑えるために、AppSheetの導入・利用に掛かる料金は、経営者にとって最も気になるところ。いくら画期的なアプリ開発ができたとしても、費用対効果に見合わなければ、無駄な投資となりかねません。

そこで本記事では、ノーコード・ローコード開発を手掛けるBOLTがAppSheetの料金体系について詳しく解説します。

なるべくコストを掛けずに業務アプリ開発を検討中の経営者様や、ノーコードツール導入に向けて情報収集中の方はぜひ参考にしてみてください。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT
お問い合わせ・資料請求は
こちらからお気軽にどうぞ

資料請求はこちら

資料請求

お問い合わせはこちら

お問い合わせ