開発

リーンソフトウェア開発とは?費用相場からメリットまでを徹底解説

リーンソフトウェア開発とは? 費用相場からメリットまでを解説

「リーンソフトウェア開発って何なの?」「リーンソフトウェア開発って意味があるの?」

そんなことを思っている方も多いと思います。

リーンソフトウェア開発は、簡単に言うと『ムダ・ムリ・ムラを排除したソフトウェア開発手法』のことです。

新規事業の立ち上げ時など、顧客の需要・ニーズがあるのかどうかが分からない段階で、顧客ニーズと顧客の置かれている市場を学習しながら開発を進めていきます。

リーンソフトウェア開発が大切だとなんとなくは分かっていても、リーンソフトウェア開発の意味や具体的な目的をきちんと理解できていない方が多いのが現状です。

そこで今回は、最短3週間でWEBシステムを開発するサービスBOLTを運営し、リーンソフトウェア開発を知り尽くした筆者が以下の項目を解説します。

  • リーンソフトウェア開発の概要
  • リーンソフトウェア開発の目的
  • リーンソフトウェア開発のメリット
  • リーンソフトウェア開発の成功事例
  • リーンソフトウェア開発の費用相場

この記事を読めば、リーンソフトウェア開発の意味や重要性を理解できます。

そしてさらに、リーンソフトウェア開発の方法を理解し、実践することができるようになり、新しくWEBシステムを開発する際に開発をスムーズに進められるようになるでしょう。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

リーンソフトウェア開発の概要

今注目されているソフトウェア開発の手法に「リーンソフトウェア開発」があります。リーンソフトウェア開発は、システム開発をするSIerとシステム導入を検討する顧客のどちらにとってもメリットを生み出します。

リーンソフトウェア開発とは?

リーンソフトウェア開発とは、ムダ・ムリ・ムラを排除したソフトウェア開発手法の1つであり、アジャイル開発の一部とされています。ムダを排除する考え方として有名な「トヨタ生産方式」が基本的な概念になっており、製造業で立証されたビジネスモデルをシステム開発に活用した考え方になります。

以下の7つの原則がリーンソフトウェア開発では重要になります。

・原則1.全体を最適化する
・原則2.ムダをなくす
・原則3.プログラマに権限を委譲する
・原則4.プロジェクトの知識を創造する
・原則5.品質を作り込む
・原則6.決定を遅らせる
・原則7.早く提供する

通常のソフトウェア開発との違い

通常のソフトウェア開発は、ウォーターフォール型と言って名前の通り上から下まで滝が流れるように開発をしていく手法になります。企画提案→要件定義→基本設計→プログラム設計→プログラミング→単体テスト→結合テスト、といった風にフェーズを1つ1つ消化していきます。

そのためウォーターフォール型の開発手法では、簡単にフェーズの後戻りができません。途中で仕様変更が発生する度に、納期の調整をしたり金額交渉が必要になったりするのです。大型プロジェクトであればフェーズごとに確定していくウォーターフォール型開発が適しているでしょう。

しかし今はIT技術が進歩が速く、顧客のニーズも多様化してきています。ウォーターフォール型開発のような大規模開発よりも、ムダを省いた効率的なリーンソフトウェア開発の方が時代にマッチしてきているのです。

大企業が大規模なシステム開発をするのならウォーターフォール型開発が適しており、ベンチャー企業や新規企業がシステム開発をするのならリーンソフトウェア開発が適していると言えます。

リーンソフトウェア開発の目的

顧客ニーズを検証する

ソフトウェアを導入する際には、構築するために発生した費用以上の効果が生まれなければなりません。例えば、100万円をかけてつくったソフトウェアを利用すれば、101万円以上の成果が出なければ導入する意味がないのです。

しかしながら、顧客が言った通りにシステムを構築したのにうまく機能せず、活用されないことがよく起こります。これは顧客が自社にどのようなシステムが必要なのかを理解していないから起こります。

リーンソフトウェア開発では、顧客ニーズと顧客の置かれている市場を学習しながら検証をしていくことが目的です。顧客の隠れたニーズを顧客と話しながら確立していくため、最初はモヤっとしているニーズが開発の過程で固まっていくようになるのです。

大きな失敗を避ける

リーンソフトウェア開発では、開発の途中で定期的に顧客からのフィードバックを得ます。システムが完成して初めて顧客に検証をしてもらうと、大きな手戻りが発生することあります。リーンソフトウェア開発はシステムをできるだけ早く提供し、できるだけ早い段階でフィードバックしてもらうことで大きな失敗を避けることを目的にしています。

システム提供が早ければ早いほど、フィードバックも早くなり、システム開発のムダを削減することができるようになるのです。

リーンソフトウェア開発のメリット

メリット1:権限を委譲してムダを無くす

従来の開発手法では、プロジェクトリーダーが顧客と相談をしてシステムの要件をまとめます。その要件を基にプログラマがシステムを作りこむのですが、プログラマは顧客と直接話していないために方向性のズレがどうしても発生してしまいます。せっかく作ったのに「そうじゃないんだよ」とプロジェクトリーダーに覆される経験をしたプログラマはたくさんいます。

リーンソフトウェア開発では、現場の開発者に権限を委譲します。スピード重視のベンチャー企業からすれば、直接開発者と調整をすることができるため、ムダな時間と作業の手間を削減することができるようになります。

メリット2:活用できるシステムになる

システム開発のゴールは、品質が良いものを納品することではありません。そのシステムを顧客が活用して、顧客に利益をもたらさなければソフトウェアを導入するメリットにはなりません。

リーンソフトウェア開発では、顧客と軌道修正をしながらシステムを構築していきます。顧客の先にいる顧客も意識しながら一緒に推進していくため、完成したシステムを確実に活用してもらえるようになるのです。従来のシステム開発ではできなかった軌道修正が容易にできるのもリーンソフトウェア開発のメリットの1つです。

リーンソフトウェア開発の成功事例

リーンソフトウェア開発の成功事例として「Groupon(グルーポン)」が挙げられます。

当初は寄付を集めるプラットフォームとして事業が展開していました。しかし想定していた結果が出なかったために、ピボットして「Groupon」の事業を開始しました。
引用:https://techpartner.jp/blog/leanstartup#Groupon

Grouponの創業者であるアンドリューメイソンは、最初からGrouponのビジネスモデルを想定していたわけではありません。「the point」という寄付を集めるサイトを立ち上げ、顧客のニーズを検証していく流れでGrouponのビジネスモデルが構築されていったのです。

リーンソフトウェア開発の相場

構築する機能にもよりますが、ウォーターフォール型開発とは違い低価格での導入が可能となっています。

ECサイトを構築するのであれば100万円〜300万円、ゲーム系ソフトウェア開発なら300万円〜1,000万円未満で開発をすることができます。

またリーンソフトウェア開発では機能ごとにも相場があり、低価格での提供が可能となっています。例えば、ログイン開発であれば10万円〜20万円、チャット・メッセージ機能であれば20万円〜40万円といったイメージです。

関連記事:【Webサービス】プロトタイプ開発の意味は?費用相場やメリットも解説

まとめ

リーンソフトウェア開発を知ると、これまでのシステム開発で感じていた悩みを解消できるのではないでしょうか。

これからもIT業界は目まぐるしいスピードで進んでいきます。ムダをできるだけ省き、活用できるシステムを導入したいと考えているベンチャー企業の経営者や起業家の方は、リーンソフトウェア開発を推奨している企業と「一緒になって」システム開発に取り組むことが大切ではないかと思います。

また、私達BOLTは、リーンソフトウェア開発と非常に相性がいいWEBシステム開発サービスを行っています。

NoCode(ノーコード)と呼ばれるコーディング不要の開発ツールを活用することで、従来の開発会社の何倍も低いコストでWEBシステムを開発可能です。

もしプロトタイプの開発や予算を抑えたWEBシステムの開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる