開発

NoCode(ノーコード)ツールは開発会社にどのような影響を与えるのか?

NoCodeツールは開発会社に どのような影響を与えるのか?

プログラミングのスキルなしでホームページを構築するサービスの出現は、今に始まったことではありません。

Shopify、Wix、Squarespace、その他多くのサービスは長年使用されており、ユーザーはWeb上でEコマースWebサイト、個人ポートフォリオ、企業ホームページを作成できます。

ただし、これらのNoCode(ノーコード)ツールは、Webサイトを作成するだけでなく、Webアプリとネイティブアプリを開発可能なプラットフォームに進化しています。

ユーザーアカウント、編集可能なデータベース、サブスクリプションなどの複雑な機能を備えた、Airbnb、Uber、Instagramのようなプラットフォームを、コーディングのスキルなしで構築できるようになりました。

NoCode(ノーコード)ツールの台頭には、どのような背景が存在するのか?

NoCodeツールの台頭には どのような背景が存在するのか?

一般のソフトウェアサービスと同様に、それは、人々が持っているアイデアとそれらのアイデアを実現する能力とのギャップに気づいた一部のエンジニアから始まりました。

前述したように、Wix、Squarespace、Weeblyなどの企業は、人々がWebサイトを構築するのを支援するために、ドラッグアンドドロップWebツールを提供しました(今でもそうしています)。

しかし、機能は通常、マスのユーザーが作成したい、頻繁に使われる機能に基づいて、いくつかのユースケースと一連のテンプレートに制限されていました。別途オーダーメイド、カスタマイズ可能なものを作りたいと思ったら、NoCode(ノーコード)ツールでは満足のいくサービスがなかったのです。しかしある日、Webflowが登場しました。

アイデアは同じでした。NoCode(ノーコード)で人々がウェブサイトを構築できるようにします。しかし、プラットフォームははるかに柔軟性が高く、ユーザーにカスタムデザインと機能を作成する力を与えました。ただし、WebflowはこれまでのNoCodeツールと比べて複雑という問題がありました。

Webflowの習得には一定の学習曲線があります。そのため、Webflowだけに特化した代理店もあります。クライアントがWebflowでWebサイトを構築するのを支援するのです。

それでも、学習意欲があれば、すぐにWebサイトを立ち上げて実行することができます。少なくとも同じ効果を達成するのに十分なほどHTML / CSS / JSを学習するよりもはるかに速く習熟可能です。

次の大きなトレンドは、別のWebツールを作成するために必要となる可能性のあるすべての機能を網羅するWebツールが大量に存在するようになったことです。たとえば、アプリ間のワークフローを自動化できるツールであるZapierを取り上げます。

Zaiperでは、条件が満たされた場合、2つ以上のサービスを接続して連携させることができます。たとえば、ユーザーが作成したWebフォームに情報を入力すると、Zapierはフォームから情報を自動的に取得し、選択したCRMツールに入力します。

すでに利用可能ないくつかのWebツールを組み合わせることで、誰でも収益を生み出す可能性のあるWebまたはモバイルアプリを作成でき、これは大きなゲームチェンジャーとなりました。

NoCode(ノーコード)ツールは、Web開発の将来にどのような影響を及ぼすか?

NoCodeツールはWeb開発の 将来にどのような影響を及ぼすか?

コーディングのスキルがなくても人々がオンラインでWebシステムを開発できるようになったからといって、Web開発者が時代遅れになるわけではありません。ただし、それはWeb開発の展望にわずかな競争を加えます。

2019年に、Web制作会社がクライアントにシンプルなウェブサイトを提供することで競争力を保持できないことは驚くようなことではありません。企業は、関連性を維持したい場合は、より付加価値の高いサービスを開発し、より狭いニッチな専門知識・ノウハウを蓄積する必要があります。

NoCode(ノーコード)ツールが対応できない領域の1つは、エンタープライズソフトウェアです。巨大な組織には、既成のツールでは対応できない大規模なニーズがあります。一方、NoCode(ノーコード)ツールを使用すると、スタートアップや初期プロジェクトで、Web開発サービスへの投資を少なくして、市場でのアイデアを検証できます。

Zapier、Airtable、Bubble、Boundlessなどのツールを簡単に使用してMVPを作成し、そこに配置してトラクションの生成を開始できます。関心を示した後、彼らは製品の規模を拡大するためのアイデアへの投資を続けるか、資金を集めるかを決めることができます。

NoCode(ノーコード)ツールの進歩により、企業がこれらのツールを使用するのを支援する代理店が増えてきます(前述のWebflow代理店など)。これらのツールでカバーできるユースケースが増えるほど、複雑になり、コンサルタントが専門知識を構築して他の人に提供する必要性が高まります。

国内初のNoCode特化型システム開発サービス『BOLT』について

BOLTは、日本初のNoCode(ノーコード)による開発に特化したWEB開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社の何倍も開発コストを抑えることができます。

BOLTではさらに、大手クライアントを多数抱えるWEBマーケティングのプロフェッショナル達とのネットワークを構築しているため、WEBシステム(新規事業用のプロトタイプから社内ツールまで幅広く対応)の構築から顧客の獲得施策の提供までを一気通貫でご提案可能です。

ひとことで言うと、Webまたはネイティブアプリを開発する場合、あなたはNoCode(ノーコード)ツールを使うことができますが、それらを活用して短期間で収益を上げるところまでをトータルで提案できるチームがBOLTなのです。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる