開発

Power PlatformがDXで注目される理由とは?メリットと事例を解説

マイクロソフト社が提供する「Power Platform」をご存知でしょうか

Power Platformを活用することで、アナログ業務のシステム化による業務効率化はもちろん、社内に散らばるデータを集約し、データに基づいた経営判断が実現できます。

Microsoft Officeを利用できる方であれば、誰でも簡単にPower Platformで業務システムを構築することができるので、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を後押しするツールとして大きな注目を集めています。

しかし「Power Platformの特徴は何なのか」、「具体的にどんな使い方ができるのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、Power Platformの概要を紹介すると共に利用するメリットと導入企業の事例を紹介します。

業務効率化や社内のDX活動に取り組む方は必見です。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

Power Platformとは?

Power Platformとは

Power Platformは以下の3つのサービスによって構成されるシステム開発プラットフォームです。

  1. PowerApps
  2. Power Automate
  3. Power BI

Microsof Officeを日常的に利用しているユーザーであれば、3つのサービスを上手に活用することで、手軽にシステムを構築することができます。

3つのサービスはそれぞれ特徴があるので、システムの目的や用途に合わせて柔軟に利用することが大切です。

ここではPower Platformを構成する3つのサービスの特徴を紹介していきます。

PowerApps

PowerAppsはエンジニアによるコーディングを必要とせず、ドラック&ドロップ操作で簡単にアプリケーションを開発することができるサービスです。

従来のシステム開発には、コーディングができるエンジニアの存在が必要不可欠であり、開発完了までに多くの開発期間を必要としていました。

しかし、PowerAppsにはシステムを構築するために必要な機能があらかじめ用意されているのでエンジニアでない方でも、必要なパーツをドラック&ドロップするだけで機能を実装することが可能です。

Excelの関数機能やパワーポイントで資料作成をする作業と同じような感覚でシステムを開発できるので、Microsoft Officeの利用経験さえあれば、すぐにPower Appsを利用することができます。

Power Appsについて詳しく知りたい方は「Power Appsとは?企業が注目する理由やメリット・活用例を解説!」をご覧ください。

Power Automate

Power Automateは様々なシステム同士を連携させることで、簡単に業務自動化を実現することができるサービスです。

通常のシステム開発でシステム連携を実現する場合は、システム連携するための開発が必要であり、開発前にシステム連携のための事前調査などが必要になるため、多くの手間と時間がかかる作業でした。

Power Automateの場合は、システムを連携するための「コネクタ」が250種類以上用意されており、連携したいシステムのコネクタを選択するだけで、システム同士の連携を実現することができます。

人が行わなくてもいいルーティーン業務などに、Power Automateを活用することで業務自動化による生産性向上を実現することができます。

Power BI

Power BIは企業内に点在するデータを集約・分析することにより、ビジネスにデータ活用をもたらすBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールです。

企業が適切な意思決定を行うには、データ活用が必要不可欠ですが、社内には様々なシステムが点在することで、データがバラバラに保管されているため、データ集約に時間がかかり、スピード感を持ったデータ分析ができない場面が多々あります。

企業のデータ分析の課題を解決する手段としてPower BIは最適なBIツールです。

クラウド・オンプレミスに関わらず、Power BIはあらゆるデータソースと連携することができるので、データ集約のためにExcelを用いたデータ集計は不要です。

また、Power BIはデータの加工や抽出のためのコーディングが不要なので、誰でも簡単にデータ分析をすることができます。

Power BIを活用すれば、欲しい時に欲しい情報を手に入れることができるので、意思決定をする際に重要な役目を果たすツールなのです。

Power Platformを活用するメリット

Power Platformを活用するメリット

人材不足・働き方改革の観点から、企業はデジタル技術を活用した変革(DX)が迫られています。

その中でエンジニアを必要とせず、システム開発・業務自動化・データ活用が行えるPower Platformは、企業のDX推進において大きな原動力になるのではないでしょうか。

ここでは、企業がPower Platformを活用することで得られるメリットを紹介していきます。

システム開発コストを削減できる

Power Platformを用いたシステム開発には莫大な開発費用や開発期間は必要ありません。

通常のシステム開発には莫大な予算と開発期間が必要となることから、経営層がシステム投資に及び腰になってしまい、社内のDX活動が停滞している企業が多く見受けられます。

システム開発にPower Platformを活用すれば、システム開発にかかるコストと開発期間を大幅に削減することができます

システム開発にエンジニアが必要ないことはもちろんですが、システムを開発するための必要機能が既に用意されているので、それらを再利用することで開発期間を圧縮することができます。

Microsoft Officeの利用経験さえあれば、開発会社や情報システム部に頼ることなく現場主導で開発を行うことができるので、開発コストや外注費を抑えることもできます。

データの一元管理

Power Platfromで構築されたシステムのデータは全て一元管理することができます。

よくあるシステム課題としてシステムを構築し続けた結果、データが社内のあちこちに分散して業務が非効率になるというケースがあります。

Power Platform上で構築されたシステム同士は全てデータ連携ができるので、データを1つのプラットフォームで一元管理することができます。

データを一元管理することで、データを探す手間が無くなることによる業務効率化はもちろんですが、データ再利用がしやすいため、データを基にした業務分析が容易に行うことができます。

構築したシステムが全て連携されて、データが一元管理されている状態はDXを行う上で非常に重要な要素となります。

業務自動化による働き方改革

Power Platformを活用すると社内に存在する価値の低いルーティーン業務を自動化することで、社内全体の生産性を高めることができます。

昨今は深刻な人材不足の影響で、限られた人員体制の中で成果を出すことが求められており、非効率な業務はシステムを活用して自動化を図ることが重要になっています。

しかし、RPAの導入や通常のシステム開発を検討していては高額な開発費用と長い開発期間に悩まされて、業務自動化はいつまでも進みません。

Power Platformを活用すれば、開発費用と開発期間に悩まされることなく、業務自動化を図ることができます。

自動化を実現するために、わざわざエンジニアに頼る必要もないので、現場が気づいた無駄をすぐにシステムで置き換えることができる手軽さが最大の魅力です。

Power Platform活用事例

Power Platform活用事例

Power Platformを活用することで、企業は従来のシステム開発とは全く異なる形でDXに取り組むことができます。

実際にPower Platformを導入している企業はどのように活用し、どのようなデジタル変革をビジネスにもたらしているのでしょうか。

ここでは、Power Platformを活用する企業の事例を紹介していきます。

野村不動産株式会社:アナログ業務をデジタル化

野村不動産では、従来のアナログ業務をPower Platformを活用してデジタル化することで業務効率の改善と残業削減の両方を実現しました。

従来の業務方法では建設中の物件情報の管理は全てExcelで行っていたため、手作業で入力する時間と入力ミスによる手戻り作業が発生していました。

そこで、野村不動産は物件管理にPower PlatformのPowerApps・Power BIを活用したデータ入力の簡略化と情報集約と見える化を行いました。

物件情報をPower Appsで構築したアプリに入力すると、物件情報が自動でPower BIに集約され、全てが一元的に見える化される仕組みを構築しました。

万が一、工期がずれたり、物件情報に異常があった場合はアラートが通知され、Power BI上から物件の詳細情報を確認できるため、異常のあるデータを探す手間も省くことができます。

野村不動産はPower Platformを活用して物件情報管理システムを構築することで、業務効率を20%アップさせるDXを実現させました。

ロンドンヒースロー空港:現場主導のデジタル改革

ロンドンヒースロー空港では、Power Platformを活用した現場主導のデジタル改革が進んでいます。

Power Platform導入前の空港業務では、顧客に車椅子を貸し出すためには30分かけて3枚の申請書に記入しなければなりませんでした。

この現場業務の無駄に気づいた社員が独自にPower Platfromを活用して、貸出申請アプリを開発したことが、現場主導のDXの始まりです。

車椅子貸出アプリを開発した方は、ITとは無縁の警部部門に17年在籍する方で、プログラミング知識も持ち合わせていませんが、Power Platformを利用することで、簡単に業務改善システムを構築することができたのです。

この成功体験を社内で共有し、Power Appsコミュニティチームが業務改善アプリの作成と展開を推進したことで、多くの業務効率化システムを社内にもたらす結果になりました。

現場主導で作れるメリットは、業務に携わるからこそ「この業務の課題はこれで」「課題を解決するために必要な機能はこれだ」と課題を解決するためのアイディアを明確にできることです。

これまでは業務改善のアイディアがあっても、自分たちでシステムという形にすることができませんでしたが、Power Platformがあれば、アイディアを自ら形にして、簡単に業務改善を実現することができるのです。

PowerAppsの活用事例を詳しく知りたい方は「PowerApps活用事例6選!よくある課題別の活用方法も解説します!」をご覧ください。

【まとめ】Power Platformは企業のDX改革を後押しする

【まとめ】Power Platformは企業のDX改革を後押しする

この記事では、Power Platformの概要とメリットと共に導入企業の事例を紹介してきました。

企業がPower Platformを活用する最大のメリットは、現場主導でシステム開発が行えることによって、社内のDX改革を推進できる点です。

従来のシステム開発のように巨額のシステム開発投資をすることなく、現場がそれぞれの業務課題に対して適切なシステム・機能を自分たちで構築することで、社内に業務効率化の文化を生み出すことができます。

Power Platformを活用すれば、開発費用や専門知識がなくても、誰でも簡単にシステム開発を行うことができるので、社内のDX活動が思うように進まずに困っている方は導入を検討してみてください。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールでの開発に特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

Power Platformを活用したシステム開発を多数手がけており、多くのDX改革のサポートを行っております。

もし、Power Platformを活用したWebシステム開発や社内DX活動にPower Platformを活用したい場合は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる