【最新】システム開発を効率化するAIツール15選!おすすめポイントも紹介

近年、システム開発の現場ではAIの活用が急速に進んでいます。特に、開発プロセスの効率化を図るAIツールは、多くの企業や開発者にとって欠かせない存在となっています。

しかし、市場には数多くのAI開発ツールが存在し、どれを選ぶべきか迷ってしまうことも少なくありません。そこで今回は、システム開発を効率化するためのAIツールを15選紹介し、それぞれのおすすめポイントを解説します。

これらのツールを活用することで、開発のスピードアップや品質の向上が期待できるでしょう。開発業務の効率化に向けてAI活用を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

どのように始める?脱Excel管理
本ウェビナーでは、Excelでの業務管理に限界を感じている経営者、管理職、現場社員の方達に向け、脱Excelをローコードツールで実現する方法を紹介しています。
目次

AI開発ツールを選ぶポイント

AI開発ツールを選定する際には、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。これらの要素を理解し、自社のニーズに合ったツールを選ぶことが、効率的なシステム開発への第一歩です。

適切なツール選びは、開発プロセスのスムーズな進行だけでなく、長期的な成功にも大きく寄与します。ここでは、AIツール選定の際に考慮すべき主なポイントを詳しく解説します。

オンプレミスかクラウドか

AIツールを選ぶ際は、オンプレミスとクラウドの選択は重要な要素です。

オンプレミスのメリットは、データの管理とセキュリティを自社で完全にコントロールできる点にありますが、その反面、高額な初期投資や維持管理の手間が掛かる点はデメリットとなります。

一方、クラウドベースのツールは、初期コストが低く、迅速な導入が可能であり、スケーラビリティに優れています。しかし、インターネット接続への依存度が高く、時にはセキュリティの懸念があることに注意が必要です。

例えば、データの機密性が極めて高い企業はオンプレミスを選ぶことが多いですが、スタートアップや中小企業ではコスト効率の良いクラウドベースのツールが適しています。

したがって、どちらを選択するかは、ビジネスの規模、データの機密性、予算などを総合的に考慮して行うべきでしょう。

導入費用・月額費用

AIツールの選定において、導入費用と月額費用は重要な考慮点です。高機能なツールは高価であることが多いですが、その全ての機能が必要かどうかは慎重に検討する必要があります。

例えば、小規模なプロジェクトや短期的な使用を考えている場合、低コストで基本的な機能を備えたツールが適しているかもしれません。

一方、長期的な視点で見ると、初期投資が高くても総合的なコストパフォーマンスが良いツールが最適な選択となることがあります。

したがって、予算と必要機能を照らし合わせ、最も効果的な投資を行うことが重要です。

操作の容易さ

AIツールの操作の容易さは、ツールの継続的な使用に大きく影響します。特に非技術者が多いチームでは、直感的で使いやすいインターフェースは、開発プロセスの効率化とチームの生産性向上に直結する重要なポイントです。

例えば、複雑な設定が不要で、すぐに使い始められるツールは、チーム全体の作業負担を軽減し、プロジェクトの進行をスムーズにします。

デモ版の試用やユーザーレビューを通じて、実際の操作感を確認し、チームに適したツールを選ぶことがおすすめです。

ツールの導入実績

AIツールの導入実績は、その信頼性と効果を判断する上で重要です。市場での実績や他社での導入事例を調べることで、ツールの実際の性能や適用範囲を理解できるでしょう。

例えば、同業界の大手企業が使用しているツールは、その業界特有のニーズに適している可能性が高いです。成功事例やケーススタディを参考にすることで、自社のニーズに合ったツールを見極めることができます。

サポート体制は十分か

購入後のサポート体制の充実度は、AIツールの長期的な成功に不可欠です。技術的な問題や操作方法に関する疑問が生じた際に、迅速かつ適切なサポートを受けられるかどうかは、ツールの有効活用に直結します。

例えば、充実したトレーニングプログラムや24時間対応のカスタマーサポートを提供するツールは、ユーザーの満足度が高く、長期的な利用につながります。

したがって、サポート体制の質を事前に確認し、信頼できるパートナーとしてのツールを選ぶことが望ましいでしょう。

セキュリティ性の高さ

AIツールのセキュリティ性は、特に重要な要素です。データ保護やプライバシーの確保は、企業の信頼性と直結します。セキュリティ対策がしっかりと行われているツールは、リスクを最小限に抑えることができます。

例えば、厳格なデータ暗号化や定期的なセキュリティ更新を提供するツールは、データ漏洩のリスクを軽減します。したがって、セキュリティポリシーや対策の詳細を確認し、安全性の高いツールを選定することが重要です。

システム開発に役立つAIツール15選

システム開発をスムーズに進めるためには、適切なAIツールを選ぶことが大切です。ここでは、開発者にとって役立つAIツールを15種類選び、それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

これらのツールは、開発の手間を減らし、品質を高めるのに役立ちますので、興味があるツールがあれば、ぜひ使ってみてください。

Google Cloud AutoML

Google Cloud AutoML公式サイトのスクリーンショット
出典:Google Cloud AutoML

Google Cloud AutoMLは、Googleが提供するツールで、機械学習モデルを簡単に作れます。機械学習について詳しくなくても、高品質なモデルを作ることができます。

特に、写真や文章、表などのデータを分析するのに強いです。このツールを使えば、複雑な設定をすることなく、手軽にシステム開発を進めることができます。

Deep Analyzer

Deep Analyzer公式サイトのスクリーンショット
出典:Deep Analyzer

Deep Analyzerは、ディープラーニングを使ったデータ分析ツールです。大量のデータから重要な情報を見つけ出すのに役立ちます。

特に、画像認識や言葉の処理に特化しており、様々な種類のデータに対応できる点がメリットです。このツールを使うことで、データ分析の精度を上げ、より良いシステムを開発することが可能になります。

Neural Network Console

Neural Network Console公式サイトのスクリーンショット
出典:Neural Network Console

Neural Network Consoleは、ソニーが提供するディープラーニングの開発環境です。直感的に操作できるので、初心者から上級者まで幅広く使えます。

テンプレートやチュートリアルが豊富なので、機械学習に詳しくない人でも簡単にモデルを作ることができます。このツールを使えば、効率的に高度な機械学習モデルを開発することができます。

MatrixFlow

MatrixFlow公式サイトのスクリーンショット
出典:MatrixFlow

MatrixFlowは、誰でも簡単に機械学習を使いこなせるAI活用プラットフォームです。ドラッグ&ドロップ操作で機械学習モデルを作成でき、プログラミングや統計の知識がなくても高精度のAIを構築できます。

特に、データの収集や整理、前処理からAIアルゴリズムの構築までをサポートし、現場でのAI活用を容易にします。

OpenAI Codex

OpenAI Codex公式サイトのスクリーンショット
出典:OpenAI Codex

OpenAI Codexは、自然言語をコードに変換するAIシステムです。このツールは、GitHub Copilotの基盤となるモデルで、Pythonを含む複数のプログラミング言語に対応しています。

ユーザーが英語で指示を出すと、それに応じたコードを生成します。これにより、ソフトウェアの自然言語インターフェースの構築が可能です。

TabNine

TabNine公式サイトのスクリーンショット
出典:TabNine

TabNineは、開発者の生産性を向上させるAIアシスタントです。コードの自動補完機能を提供し、開発者がタイピングするときにコードの行や関数を提案します。

また、自然言語のコメントに基づいてコードブロックを生成する機能も備えており、開発者がより迅速にソフトウェアを開発できるように支援します。

TabNineについて詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

参考:AIコード補完ツール「TabNine」とは?特徴や料金、使い方まで解説

Cursor

Cursor公式サイトのスクリーンショット
出典:Cursor

CursorはAIを活用したコードエディターで、開発者がソフトウェアをより速く構築できるように設計されています。

プロジェクトに関する質問に答えたり、コードベースに関する情報を提供したりすることで、開発者がコードを探す時間を節約できます。

また、AIが低レベルのロジックを記述することで、開発者はより重要な作業に集中できます。

Cursorについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

参考:AIでコードが書けるCursorエディタとは?特徴や使い方を解説

CodeRabbit

CodeRabbit公式サイトのスクリーンショット
出典:CodeRabbit

CodeRabbitは、AIを活用したプルリクエストレビューツールです。コードの変更に対して行ごとの提案を行い、コードの品質向上に貢献します。

また、リアルタイムチャット機能を通じて、コードベースに関する質問や問題解決をサポートします。このツールは、コードレビューの効率化と品質向上に役立ちます。

Phind

Phind公式サイトのスクリーンショット
出典:Phind

Phindは、プログラミングに関する質問に答えるAIツールです。特に、機械学習モデルやプログラミング言語に関する高度な質問に対応しています。

ユーザーは自然言語で質問を入力し、Phindが関連する情報や解決策を提供します。このツールは、開発者が迅速に情報を得るのに役立ちます。

Cosine

Cosine公式サイトのスクリーンショット
出典:Cosine

Cosineは、コードベースに関する質問に答えるAIコーデベロッパーです。ユーザーがコードに関する質問をすると、Cosineはコードベースを理解し、詳細な回答や新しいコードの提案を行います。

このツールは、コードの理解を深め、新機能の追加や既存コードの変更を支援します。

Source Graph

Source Graph公式サイトのスクリーンショット
出典:Source Graph

Source Graphは、コード検索とAIアシスタントを提供するツールです。このツールは、コードグラフのコンテキストを利用して、技術的な質問に答えたり、コードを直接書いたりします。

また、ドキュメントの作成やユニットテストの生成など、開発者が効率的に作業を進めるための機能を提供します。

screenshot-to-code

screenshot-to-codeは、スクリーンショットを入力として、それをクリーンなコード(HTML、Tailwind、React、Vue)に変換するツールです。

GPT-4 Visionを使用してコードを生成し、DALL-E 3を使用して類似の画像を生成します。ユーザーはスクリーンショットをアップロードするだけで、即座に対応するコードを得ることができます。

tldraw makereal

tldraw makerealは、UIのドローイングをリアルなコードに変換するツールです。ユーザーはインターフェースを描画し、それを実際のコードに変換することができます。このツールは、デザインから開発への移行をスムーズにし、開発プロセスを迅速化します。

Wolverine

Wolverineは、Pythonスクリプトに再生能力を与えるツールです。スクリプトがクラッシュした場合、GPT-4がそれを編集し、何が間違っていたのかを説明します。

多くのバグがあっても、修正されるまで繰り返し実行されます。このツールは、コードのデバッグと改善を支援します。

GPT-Engineer

GPT-Engineerは、自然言語で指定されたソフトウェアをAIが構築するツールです。AIは明確化のための質問を行い、その後で構築を行います。このツールは、開発者が自然言語で指示を出し、AIがそれに基づいてコードを書くことを可能にします。

GPT-Engineerについて詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

参考:GPT-Engineerとは?事例や料金、使い方について紹介

まとめ

本記事では、システム開発を効率化する最新AIツール15選を紹介しました。これらのツールを活用することで、データ分析からコード生成、デバッグ支援まで、開発の様々な段階を飛躍的に効率化することが可能です。

開発プロセスを効率化することで、より少ない人数での開発が可能になり、開発コストの削減にもつながるでしょう。

また、開発者はよりクリエイティブなことに時間を費やすことが可能です。AI技術の進化により、世の中には次々と新しいツールが登場しています。

まずは実際に触れてみることで、自身の業務にどれくらいのインパクトをもたらすか、是非体感してみてください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT編集部のアバター
BOLT編集部

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステムの受託開発・導入支援サービスです。
BOLT編集部が執筆するコラムでは、ノーコード・ローコードツールの使い方や事例紹介、システム開発の基本知識などを取り上げています。ノーコード・ローコードの開発に興味をお持ちの方やお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

現在開催中のウェビナー

どのように始める?脱Excel管理

Excel(エクセル)は多くの企業内で導入され、表計算やVBAによるマクロ機能が充実していることから、顧客管理や施工管理、品質管理など多くの業務管理に活用されています。

しかし、複数人同時での共同作業が行えなかったり、業務が複雑化、さまざまな場所にデータが点在することから管理が煩雑、属人化してしまいます。

本ウェビナーでは、Excelでの業務管理に限界を感じている経営者、管理職、現場社員の方達に向け、脱Excelをローコードツールで実現する方法を紹介しています。

ウェビナー目次

  • Excel管理の課題
  • 代替ツール(SaaS)の課題
  • 脱Excelをローコードで実現しませんか
  • ケース別の業務改善例

開催日時・場所

  • 開催日時:随時開催中!!
  • 開催場所:オンライン(Google Meet)
  • 参加料:無料

目次