開発

ノーコード開発が企業から注目を集める理由を徹底解説

NoCode(ノーコード)開発が 企業から注目を集める 理由を徹底解説

皆さんはノーコード開発(NoCode)と呼ばれる開発手法をご存知ですか?

これまでのシステム開発ではエンジニアがプログラムを書くことでシステムを構築していましたが、ノーコード開発の場合はコードを書かずに直感的なドラッグ&ドロップなどの操作だけでシステム開発が行えるようになります。

ノーコード開発の登場により、システム開発はエンジニアだけの領域ではなくプログラミング知識がない方でも簡単にシステムを組めるようになるのです。

エンジニア不足を背景とする人件費の高騰に加え、募集をかけてもエンジニアがなかなか集まずシステム開発に苦労している企業には朗報ではないでしょうか。

ノーコード開発の魅力は単にプログラミングが必要ないだけではなく、他にも多くのメリットが存在し、多くの企業から注目を集めています。

そこで、この記事ではノーコード開発の概要とメリットを紹介すると共に利用シーンごとの代表的なツールを紹介していきます。

社内でのシステム開発を検討している方は必見です。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

ノーコード開発の概要

NoCode(ノーコード)開発の概要

これまでのシステム開発はプログラムがかけるエンジニアだけの領域でしたが、ノーコード開発の登場で、エンジニアでなくても誰もが簡単にシステム開発が行えるようになります。

ここではノーコード開発の概要を説明すると共に従来の開発手法との違いを紹介していきます。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とはその名の通り、システム開発のためにプログラムを書く必要がないシステム開発手法を指します。

従来のシステム開発では、プログラミングができるエンジニアがプログラムを書くことでシステムを構築していましたが、ノーコード開発の場合はプログラムを書かず、画面上のドラック&ドロップだけでシステム構築を行います。

システム開発はエンジニアが行うものであり、プログラミングができない人には無縁の領域でしたが、ノーコード開発は誰でも簡単にシステム開発ができる環境を作り出したのです。

これまでのシステム開発との違い

これまでのシステム開発ではすべての機能をゼロからエンジニアが開発していましたが、ノーコード開発はあらかじめ用意された機能群の中からユーザーが必要な機能を選択し、利用するため作業工数を大きく削減できます。

品質面においても、ゼロから機能開発する場合は、バグが生まれる可能性がありますが、ノーコード開発の場合は、既に完成された完璧なパーツを再利用するためバグが生まれることはありません。

開発後のシステムテスト工程に関しても、不具合のない完璧なパーツを利用しているので、テスト工程すらも短縮することができます。

エンジニアが長い時間をかけてコーディングをしなければ開発できなかったシステム開発が画面上のドラック&ドロップだけで簡単に構築できるようになり、テスト工程も短縮することで従来開発方法の何倍も速くシステム開発が行えます。

ノーコード開発のメリット

NoCode(ノーコード)開発のメリット

ノーコード開発にはコーディングなしでシステム開発ができること以外にも企業が注目すべきメリットがいくつか存在します。

ここでは、ノーコード開発のメリットを紹介していきます。

素早くシステム開発ができる

従来はシステム開発がスタートしても、要件定義、開発、テストなど多くの手順を踏む必要があり、システムが動くまでに長い時間が必要でしたが、NoCode開発の場合は「数日もしくは数時間」でプロトタイプが完成します。

例えば、業務システム導入を社内で検討する場合、経営層を納得させる費用対効果を証明するために多くの時間と労力をを費やすことになり、最悪の場合には説得ができず、システム化が頓挫する場合もあります。

ノーコード開発の場合は最小のコストですぐにプロトタイプを用意できるので、最小限の機能だけのシステムを用意して、経営層に披露することが可能になります。

実際にプロトタイプを見せて、触れてもらうことは紙で説得する何倍も速く、かつ説得力のあるものであり、システム化の社内稟議プロセスを大きく短縮することができます。

こうしたプロトタイプを用意できるのもすぐにシステム開発ができるノーコード開発だからこそできる方法です。

開発コストを削減できる

従来のシステム開発の場合、開発者であるエンジニアの単価と投入される人数、開発期間によって開発コストが決まり、開発期間が長ければ長いほど、開発費用が多く必要となります。

ノーコード開発の場合はエンジニアが不要なため、わざわざエンジニアを雇う必要もなく、社内のリソースだけで開発をすることができるので開発に伴うエンジニアの人件費を大きく削減できます。

開発期間に関しても従来のように数カ月~半年という長い期間を必要とせず、数日から数週間でシステムが開発できるので開発期間も削減することが可能です。

ノーコード開発は既に用意されたものを完璧なパーツを再利用した開発であるため、テスト工程すら省くことが可能で、無駄のない工数でシステム開発を進めることができます。

迅速にカスタマイズが可能

システム開発は完成後のカスタマイズの要望にどれだけ対応できるかでその後のシステム利用率が大きく変化します。

従来の開発手法の場合、カスタマイズの要望がどれだけ小さくて簡易的なものでも見積をする必要があり、カスタマイズをするまでに追加コストと追加開発期間が必要になってしまいます。

いつまでもカスタマイズ要望が通らず、使いにくいままのシステムの場合、ユーザーは用意したシステムをすることなく、システムが利用されない形だけの存在になってしまい、最悪の場合はシステム化失敗に陥ってしまいます。

特に業務システムの場合、システムを利用する現場のカスタマイズ要望を上手に反映できなければ、現場がシステムから離れてしまい、すぐに使われないシステムになってしまいます。

ノーコード開発の場合は、カスタマイズの必要があれば、必要な部分をすぐに画面上に呼び出して、設定や配置を変えるだけで変更が完了するので、カスタマイズのための追加費用や開発期間は不要です。

利用シーンごとのノーコードツール

利用シーンごとのNoCode(ノーコード)ツール

ノーコード開発のツールは海外を中心に様々なジャンルごとに分かれて登場しています。

以下が代表的なノーコードツールのジャンルです。

  • Webサイト構築
  • アプリ構築
  • 業務自動化
  • 決済システム構築
  • データ管理

様々なジャンルのツールがあるのでシステム化を検討する際は目的のシステムに合わせて、最適なツールを選択することが大切です。

ここでは代表的なノーコードツールの中からWebサイト構築、アプリ構築のツールを紹介していきます。

Webサイト構築

Webflow

Webflow

WebflowはWebサイト構築のノーコードツールでドラック&ドロップだけで簡単にクオリティの高いWebサイトを構築することができます。

Webサイトを構築するための機能は全て用意されており、昨今のトレンドである動画をWebサイトに取り込む機能も用意されています。

また、Webflowで開発したWebサイトは自動でレスポンシブデザインとなるため、開発の工数を大きく削減してマルチデバイス対応のWebサイトを手にすることができます。

Webflowの公式サイトはこちら

ペライチ

ペライチ

ペライチはホームページ作成のためのノーコードツールです。

ペライチで作成されたページにはSEO対策が設定画面から簡単に実装できるので、SEOの知識がなくても検索上位に表示されるページを作れるのが最大の魅力です。

あらかじめデザインされたテンプレートがジャンルごとに用意されており、テンプレートを呼び出して、テキストや画像を差し替えるだけでホームページが完成するので手軽にホームページを手にすることができます。

ペライチは日本企業が運営しているため、マニュアルやヘルプデスク対応も充実しているため安心して利用することできます。

ペライチの公式サイトはこちら

アプリ構築

Yappli

Yappli

Yappliはスマートフォンアプリ構築のノーコードツールで、スマホアプリをドラック&ドラップだけで簡単に構築することができます。

主にコンシューマー向けアプリのための機能を多く揃えており、顧客を集客するために必要な機能が提供されています。

以下がYappliの提供する機能の一部です。

  • カタログ
  • プッシュ通知
  • ニュース
  • ジオプッシュ
  • QRコード

Yappliはアプリを開発する機能だけでなく、データ分析やアプリ運用の機能も提供しており、ワンストップでアプリの開発・分析・運用ができることも魅力の1つです。

Yappliの公式サイトはこちら

Voiceflow

voiceflow

VoiceflowはアマゾンのAlexaやGoogleのGoogleHomeなどのスマートスピーカーのオリジナルスキルを開発するノーコードツールです。

ドラック&ドロップでフローを繋げて、どのフローで何をするかを設定していくだけであなただけのスキルを構築することができます。

外部サービスとの連携も簡単に構築できるので、朝7時になったらApple musicなどの音楽サービスで音楽を流すや、音声だけでライトの電源を切り替えるなどの自動化機能も作ることができます。

Voiceflowの公式サイトはこちら

まとめ:ノーコード開発は企業のデジタル化を推進していく

まとめ

この記事では新しいシステム開発方法であるノーコード開発が企業から注目を集める理由について解説してきました。

以下がノーコード開発が企業に与えるメリットです。

  1. 素早くシステム開発ができる
  2. 開発コストを削減できる
  3. 迅速にカスタマイズ可能

ノーコード開発を用いることで、企業は従来の開発と比べて、はるかに安く、早く、そして拡張性のあるシステムを手にすることができます。

業務効率化のためにシステム化を検討している方、エンジニアリソースの調整に困っている方は是非、ノーコード開発を用いたシステム化を検討してみてはいかがでしょうか。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを行っています。

コーディング不要の開発ツールを活用することで、従来の開発会社の何倍も低いコストでシステムを開発可能です。

もしノーコード開発の開発や予算を抑えたWEBシステムの開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる