開発

ノーコードとローコードの違いとは?代表的なツールも解説!

NoCodeとLowCodeの違いとは?代表的なツールから 注意点までを解説

皆さんはノーコード(NoCode)やローコード(LowCode)と呼ばれるシステム開発ツールをご存知ですか?

これまでのシステム開発ではプログラミングができるエンジニアが必要でエンジニア以外ではシステム開発をすることができませんでした。

しかしノーコード・ローコードツールの登場でコードを書かずにシステム開発が行えるようになり、プログラミング知識がない方でも簡単にシステム開発が行えるようになります。

深刻なIT人材不足を背景にエンジニアの人件費も高騰しており、比例してシステム開発の必要予算も増加傾向にあります。

企業はノーコード・ローコードツールツールを活用することで従来の開発手法よりもはるかに安く、早く、そして自由にシステム開発が行えるようになります。

この記事ではノーコード・ローコードツールツールの概要と違いを紹介すると共に利用メリットや代表的なツールを紹介していきます。

システム開発を検討している方は必見です。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

ノーコードとローコードの違い

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)の違い

ノーコードとローコードは名前が類似しているため、同じようなサービスなんだと思われがちですが、実際には大きな違いが存在します。

ここではノーコードとローコードの特徴と違いをそれぞれ解説していきます。

ノーコードとは?(NoCode)

ノーコードは読んで字の通り、システムを開発する上でこれまでのようにエンジニアがプログラムを書く必要は一切なく、開発未経験の素人でもシステム構築が可能になります。

基本的な開発方法はあらかじめノーコードツールが用意している機能ごとのパーツをドラック&ドロップで配置していくだけです。

レゴを組み立てるかのように好きな位置に求める機能をドラック&ドロップするだけでシステムが組みあがっていくため、非常に簡単にシステム開発が実現できます。

ノーコードが用いられる場面はWebサイトの開発や他のシステムとのデータ連携を必要としないシンプルなWebサービスが該当します。

ローコードとは?(LowCode)

ローコードはノーコードのようにプログラミングを全く必要としないわけではなく、開発者がプログラムを少しだけ書く必要があります。

基本的な開発方法はノーコードと同様に用意された機能をドラック&ドロップで配置するだけです。

大きな違いになるのがローコードの場合はプログラムを少しだけ書く必要がある点です。

ノーコードの場合はプログラムを書く必要はありませんが、ローコードの場合は一部でプログラム書く必要があります。

プログラムを追加することで既に用意された機能に独自のロジックやデータ連携などの機能を加えることができ、ローコードの場合はより高機能なシステムを開発することができます。

ノーコード・ローコードのメリット

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)のメリット

ノーコード・ローコードツールは開発のためのプログラミングがほとんど必要ないことがメリットに思われがちですが、それぞれのツールは他にも独自のメリットが存在します。

どちらのサービスを活用して、システムを開発するかはそれぞれのツールのメリットを把握したうえで選定をする必要があります。

ここではノーコード・ローコード、それぞれのメリットを解説していきます。

ノーコードのメリット

誰でも開発ができる

ノーコードは一切プログラムを書く必要がないので、プログラミング知識のない人であっても簡単に開発可能です。

情報システム部に依頼せずとも部署内ですぐにシステムを用意することができます。

開発後のバグ発生が少ない

ノーコードの場合、既に用意された機能しか利用しないため、バグ発生が極めて少ないです。

ノーコードツールが提供する機能は全て品質が担保されたものであるため、どれだけ複雑に利用しても機能同士でバグが発生することはありません。

また開発者自身がコードを書かないため、開発者のプログラムミスによるバグや不具合の発生はありえません。

開発後の拡張が簡単

通常のシステムの場合、完成後のカスタマイズには追加費用と時間がかかりますが、ノーコードで作成されたサービスは誰でも簡単に拡張することができます。

使いにくいと思ったらすぐに自分たちの手で拡張していけるため、外部環境の変化などがあっても柔軟に拡張して対応することができます。

ローコードのメリット

独自のビジネスロジックが組み込める

企業にはそれぞれ独自のビジネスロジックが存在し、この独自ロジックにどれだけ対応できるかで、システムによる生産性向上の効果に違いが生まれます。

ノーコードの場合は、提供されている機能の範囲でしかシステムが組めないため、独自のビジネスロジックに関しては対応することが難しいです。

しかし、ローコードの場合は基本機能に独自にビジネスロジックを簡単に追加することができるので、最小の労力で社内業務に最も適したシステムを構築することができます。

既存サービスとの連携による自動化が実現できる

プログラムを追加することができるおかげで社内で利用している他のサービスと連携機能を実装することができます。

例えば、社内のコミュニケーションツール(Slackやチャットワーク)などと連携し、ローコードで開発したサービスに申請があった場合、コミュニケーションツールに連携して通知を自動化するなどが簡単に実装できます。

昨今、企業では多くのクラウドサービスが導入されており、システム間の連携はなくてはならない機能になっている中でシステム間の連携が簡単に組めるのは大きなメリットです。

利用用途が限定されない

ノーコードツールの場合は基本機能でしかシステムが構築できないため、基本機能で対応できない領域をシステム化することはできません。

しかし、ローコードツールの場合は提供されている機能で実現できない場合は個別でプログラムを用意することで不足部分を補えるため、利用用途が制限されることはなく、どんな用途にも利用することができます。

代表的なノーコード・ローコードツール

代表的なNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)ツール

現在、ノーコード・ローコードツールは海外を中心に様々な利用用途別に開発されています。

ここでは代表的なノーコードツールとローコードツールを紹介していきます。

ノーコードツール

ここでは以下の利用用途ごとのノーコードツールを紹介していきます。

  • Webサイト構築 ・・・ Webflow
  • データ連携・・・Anyflow

Webflow

Webflow

WebflowはWebサイト構築のためのノーコードツールで、簡単にクオリティの高いWebサイトを構築することができます。

動画の埋め込みやSNSサービスとの連携などユーザーが必要とする機能のほとんどが用意されており、それらをドラック&ドロップで簡単に実装することができます。

クリエイターが作成したWebサイトテンプレートが無料配布されているため、わざわざゼロから作らず、テンプレートを活用することで更に開発スピードを向上することが可能です。

Webflowの公式サイトはこちら

Anyflow

Anyflow

Anyflowは企業での活用が進んでいる特定業務に特化したSaaSを簡単に連携させることができるノーコードツールです。

SaaSサービスの導入が増えると、企業は必ずデータ連携の問題に直面します。

ある行動や変化が起きた際にどこにデータを連携するかだけをあらかじめ設定するだけでAnyflowがその設定に沿って自動でデータの連携を行ってくれます。

Anyflowは今までエンジニアしかできなかったシステム間の連携をプログラミング知識のない未経験者でも行えるようにするノーコードツールで、部署単位の業務効率化の面で強い効果を発揮します。

Anyflowの公式サイトはこちら

ローコードツール

ここでは以下の利用用途ごとのローコードツールを紹介していきます。

  • ルーティン業務自動化 ・・・Kissflow
  • 業務フロー構築・・・DWKIT

KISSFLOW

KISSFLOW

KISSFLOWは企業に存在するルーティン業務を自動化するためのアプリを開発するローコードツールです。

どの会社にも以下のようなルーティン業務が必ず存在します。

  • 請求書発行依頼
  • 旅費精算
  • 休暇申請

KISSFLOWはこれらのルーティン業務のためのアプリが提供されており、ユーザーは必要なアプリを選択し、申請者の入力フォームと申請フローを設定するだけで簡単にルーティン業務アプリが完成します。

KISSFLOWの公式サイトはこちら

DWKIT

DWKIT

DWKITは部門ごとにそれぞれ存在する業務フローに沿ったシステムを構築するためのローコードツールです。

業務フロー系のツールで複雑になるのが権限管理の部分ですが、DWKITは権限管理設定が直感的に設定できるため、プログラミング知識がない方でも簡単に業務フロー構築をすることができます。

業務フローは人事異動や配置転換が発生した際に変更の手間がかかる部分でありますが、DWKITの場合は外部環境の変化に合わせて直感的に権限管理の更新が可能になっています。

DWKITの公式サイトはこちら

ノーコード・ローコードの利用前に注意すべきこと

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)の利用前に注意すべきこと

ノーコード・ローコードツールツールは非常に便利なツールであることを解説してきましたが、一方でこれらのツールを利用する際には注意すべき点も存在します。

ここではシステム開発にノーコード・ローコードツールを用いる際に注意すべき点を紹介します。

大規模なシステムには向いていない

ノーコード・ローコードツールが向いているシステム領域はあくまでも、部署単位の業務ごとの小さなシステムです。

基幹システムや関連会社と共有利用するような大規模システムの開発には向いていません。

ノーコード・ローコードツールはあくまでもシンプルなシステムを構築することに特化しており、開発後のデータ管理やセキュリティに対する十分な機能を提供していません。

システム運用において肝心なセキュリティーや監視機能などがカバーされていないため、重要情報を保管するシステムの開発などは従来の手法での開発が望ましいです。

シャドーITになる恐れがある

ノーコード・ローコードツールは誰でも簡単にシステム開発ができることがメリットですが、裏を返すと知らない間に内容が分からないシステム(シャドーIT)が社内に乱立することになります。

システムの乱立は情報の混乱を社内に招く恐れがあり、データがそれぞれのシステムに分散してしまい、システム化する前よりもデータ探しに手間がかかる事態にもなりかねません。

ノーコード・ローコードツールでの開発は情報システム部による社内統制がある前提で利用するのが望ましいです。

まとめ

まとめ

この記事では新しいシステム開発方法であるノーコードとローコードの違いについて紹介してきました。

これまではエンジニアがいなければ成り立たなかったシステム開発がノーコードとローコードの登場でより安く、早く、自由に行えるようになります。

関連記事:アプリ開発から自動化ツールまで!おすすめのNoCodeサービス36選

わざわざ、何もないところから開発するのではなく、既にあるものを再利用して、システム開発を行うことで開発コスト、開発期間を圧縮するのがこれからのシステム開発の在り方です。

システム開発を検討されている方は、是非1度、ノーコード・ローコードでの開発を考えてみてはいかがでしょうか。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールに特化したシステム開発サービスを行っています。

コーディング不要の開発ツールを活用することで、従来の開発会社の何倍も低いコストでWEBシステムを開発可能です。

もしノーコード・ローコード開発や予算を抑えたシステム開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる