システム開発

RFP(提案依頼書)作成費用はいくら?外注するメリットも解説

RFP(提案依頼書)作成費用はいくら?外注するメリットも解説のアイキャッチ画像

「RFP作成を外部に委託したいけど費用はどれくらい掛かる?」
「RFP作成を自社で進めるのと外部に委託するならどちらが良い?」

このようにRFP作成支援サービスを活用すべきか、お悩みではありませんか?

RFP(提案依頼書)作成支援サービスを利用することで、自社の課題や解決策の方向性、およびシステムベンダーに要求事項を的確に伝えるためのRFP作成に向けたサポートを受けられます。

しかしながら「作成支援サービスに費用はどれくらい掛かる?」と外注コストを気にする方もいるでしょう。

そこで、本記事ではノーコード・ローコード開発を手掛けるBOLTが、RFP作成の外注について解説します。

この記事をお読みいただくことで、自社がRFP作成支援サービスを利用すべきかどうかがわかります。

プロジェクトリーダーとして委託先ベンダーの選定を任されているご担当者様は、ぜひ最後までご覧ください。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る

そもそもRFP(提案依頼書)はなぜ必要か

RFP(Request for Proposal)とは、提案依頼書のことです。

RFPの目的は、システム開発のベンダー(SIerなど)に対して

  • 自社の課題や実現(解決)したいこと
  • システム開発に必要な要件の詳細

を抜け漏れなく、正確に伝えるために作成されます。

RFPを正しく用意することは、結果として開発コストの抑制にもつながります。

その理由を2つ解説します。

※RFPについてさらに詳しく知りたい方は「RFPとは?提案依頼書の目的・作成時のポイント・注意点まで解説」の記事も併せてご覧ください。

RFPがないと後からトラブルになるケースが多い

RFPがないことで委託先ベンダーに正しく要件が伝わらず、お互いの認識相違のまま開発が進んでしまう可能性があります。

最悪の場合は、開発完了間際に重大な仕様の誤りに気づき、やり直しや納期の先送りにも繋がりかねません。

そのような事態が起きた場合には開発費の見直しも避けられないでしょう。

RFPがないと複数社での比較が難しい

RFPはベンダーに委託を依頼する際に、選定基準・選定方法を示す上でも役立ちます。

選定基準が定まっていなければ、評価基準が曖昧になってしまい、正しく評価することは難しいといえます。

結果として、当初の予算超えやスケジュールの先送りに繋がる可能性が高くなります。

選定基準が明確になることにより、何を軸に評価すべきかポイントが整理されますので、RFPは複数社で比較検討する際にも役立ちます。

RFP(提案依頼書)作成を外注するメリット

RFPの善し悪しによって、その後のプロジェクトの進行が決まるといっても過言ではありません。

一度作成した後も、関連部署を含め、プロジェクトに関わる方へのチェック・フィードバックを受ける必要があるため、時間・労力が掛かります。

そのためRFPを自社で作成するのは非常に難易度が高く、業務負荷も大きいといえます。

RFP作成を効率的に進めるために、検討したいのが「RFP作成支援サービス」です。

本項ではRFP作成支援サービスを活用するメリットを2つ紹介します。

自社で作成する必要がないため人件費を抑えられる

RFP作成を外部に依頼することで、自分達で手を動かす必要がなくなります。打ち合わせや作成に掛かる時間・労力が不要になるため、人件費を抑えることが可能です。

もちろん、RFP作成支援サービスにも費用が掛かりますが、自力で作成した場合と比較して人件費ベースで検討すると良いでしょう。

むしろ、専門家に依頼するほうが、短期間で質の高いRFPに仕上がりますし、自分達はその他の業務に集中することが可能です。

特に、自社にRFP作成ノウハウがない場合は、RFP作成のポイントやアドバイスを受けることで、以降は自社で内製化を図ることができます。

作成実績が豊富にあるので情報の抜け漏れがない

RFP作成支援サービスを展開しているのは、システム開発会社です。

RFPを作成支援サービスの実績はもちろん、自分たちが多くの企業からRFPを受けた経験を持つため

  • わかりやすいRFPとわかりにくいRFPの違い
  • トラブルになりやすいポイント
  • 過去の事例から似ているRFPの参考

といった要点を押さえたRFP作成が可能です。

RFP(提案依頼書)作成に強い会社4選

本項ではRFP作成支援サービスを手掛ける会社を4社紹介します。

RFP作成支援の具体的な費用は、開発するサービスの要件・規模によって異なるため、公式サイトには記載がありません。

詳細を知りたい場合や、具体的に見積もりを希望する際は、各社公式サイトよりお問い合わせ、相見積もりを取ることをおすすめします。

株式会社ファンリピート

BOLT公式サイトトップページの画像
画像参照元:「ファンリピート/BOLT」公式HP

概要

ファンリピートは、国内初のノーコード・ローコードに特化したシステム開発サービスを手掛けています。

従来のシステム開発に比べて、短期間・低コストでのシステム開発を実現する開発支援サービスBOLTを主軸に、スタートアップのWebサービス開発支援から、老舗企業のDX支援にいたるまで、柔軟かつ臨機応変に対応しています。

その中で、独自のRFP作成支援サービスも展開。これまで数多くの企業のシステム開発導入支援に携わった経験により、RFPに関するノウハウ・知見も豊富なので、企画・要件定義の段階から対応しています。

特徴

  • 国内初のノーコード・ローコードに特化したシステム開発サービスを展開
  • ノーコードツールを活用した独自のRFPの作成支援も対応可能
  • 低コスト・短納期を強みにスタートアップから小規模企業のシステム開発実績が豊富

費用

要お見積り(開発要件・運用規模によって、成果報酬型のご提案も可能)

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る

オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社

オーシャン・アンド・パートナーズ公式サイトトップページ画像
画像参照元:「オーシャン・アンド・パートナーズ」公式HP

概要

オーシャン・アンド・パートナーズは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)やIT推進を支援する企業です。

企業規模やITリテラシー問わず、課題抽出や解決策の提示、解決に向けた施策実行までワンストップでトータルサポートを実現します。

IT業界歴14年の中で、数多くの企業のシステム開発を支援した実績から、中立的な立場でRFPの作成を支援します。

特徴

  • 創業から14年にわたり、数多くのシステム開発・IT支援実績を持つ
  • 中小企業から大手企業にいたるまで、業界・業種問わず実績あり

費用

要問合せ

オーシャン・アンド・パートナーズのRFP支援サービス詳細はこちら

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

NTTデータビジネスシステムズ公式サイトトップページ画像
画像参照元:「NTTデータビジネスシステムズ」公式HP

概要

IT業界大手のNTTデータグループである、NTTデータビジネスシステムズは、企業規模を問わず、様々な開発に携わった実績があります。

同社が手掛けるRFP作成支援コンサルティングでは、顧客課題を解決するITシステムを選定するためのRFP策定を支援します。

さらに、RFP策定後はシステムベンダーからの提案の評価・選定も中立的な立場から支援を受けることも可能です。

特徴

  • 実績・信頼豊富なNTTデータグループのITシステム導入コンサルティングサービス
  • RFP策定だけではなく、システムベンダーからの提案を評価・選定時の支援も可能

費用

要見積もり

NTTデータビジネスシステムズのRFP支援サービス詳細はこちら

株式会社クロスフィールド

クロスフィールド公式サイトトップページ画像
画像参照元:「クロスフィールド」公式HP

概要

クロスフィールドは、プロジェクト管理支援やシステム導入支援などを手掛けるコンサルティング企業です。

これまでに数多くのプロジェクト経験で培った豊富な知見・経験を活かして、クライアントやプロジェクトの状況に応じた最適なサービス提供を支援します。

中でもRFP作成支援は、現状分析・要求事項の整理・要件取りまとめといった各ステップを専任クライアントが一気通貫して対応します。

特徴

  • 日本企業から外資系企業にいたるまで、業種を問わずシステム導入実績が豊富
  • コンサルティングファーム出身の公認会計士により設立。財務指標を中心とした経営管理制度策定も可能

費用

要見積もり(相談無料)

クロスフィールドのRFP支援サービス詳細はこちら

まとめ|しっかりとしたRFPを作成することで開発コストが抑えられる

RFP(提案依頼書)を作成し、システム開発会社に発注することで、開発コスト抑制につながります。

実際にRFPを導入しないことで

  • 開発コストが当初の数倍に膨れ上がってしまった
  • 稼働納期が遅れたことにより商機を逃してしまった

といった実損に繋がった話も珍しくありません。

しかしRFPを自社で作成するとなると、関係各所に確認や調整に回らなければならず、想像以上に負担や人件費も掛かります。

そのようなときに、RFP作成支援サービスに外注することで

  • 担当者の業務負荷を下げることができる
  • 情報の抜け漏れや間違いがないRFP作成ができる
  • RFP策定以外のベンダー選定に関わるアドバイスも受けられる

といったメリットがあります。

さらに、RFP作成のノウハウを享受することで、ゆくゆくは自社でRFP作成を内製化したい場合でも役立つでしょう。

具体的な作成支援サービス会社を知りたい方は「RFP(提案依頼書)作成支援とは?支援先選びのポイントまで解説」でも紹介しています。

また、システム開発の外注先選びでお困りの方は、弊社までお気軽にご相談ください。

ノーコード・ローコードを用いた開発事例の共有ツール選定のサポートから要件定義実際の開発支援まで包括的にサポートさせていただくことが可能です。

システム開発を失敗しないために、弊社が相見積もりの取得までをサポートさせていただくことも可能です。むやみな営業電話などは決して行いませんので、まずは無料のご相談をお待ちしております。

システム開発の相談はこちらから

\今すぐ無料で相談する/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のノーコード・ローコードZによる開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる