開発

【Vyondの使い方】初心者がアニメーション動画を作る方法

【Vyondの使い方】初心者がアニメーション動画を作る方法とは?

スマホの普及により、誰もがいつでも、どこでもインターネットにアクセス出来るようになりました。

その結果、テレビや雑誌といった大衆向けのコンテンツよりも、自分の興味あることを好きな時間に好きなだけ見ることが出来るデジタルコンテンツが主流となりつつあります。そのような中で、動画コンテンツが注目を集めています。

文字や画像だけのWEBサイトと比べて、動画コンテンツの方が長時間ユーザーの興味関心を惹かせることができます。

さらに、文字や画像だけでは伝えきれないニュアンスを含んだ情報を、動画ではより具体的なイメージとして、見た人の記憶に残る情報として伝えることが出来ます。

そのような理由から、動画コンテンツの制作や、動画マーケティングの分野への注目が高まっています。

しかしながら、動画に出ること自体に抵抗があったり、プレゼンテーション力に不安があったりすると、なかなか手を出しにくい分野でもあるかと思います。

また、費用を掛けて外注したにも関わらず、思った程アクセスが伸びなかったという話も良く聞きます。

そのような時に便利なのが、ビジネスアニメ制作ツールのVyond(ビヨンド)です。Vyondを使えば、初心者でも、簡単な操作だけでアニメーションを作ることが可能です。

この記事では、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、ビジネスアニメ制作ツールのVyond(ビヨンド)について使い方を紹介していきます。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

Vyondとは?

Vyondとは?の画像

Vyond(ビヨンド)とは、一言でいうと、アニメーション制作に特化したクラウドサービスです。あらかじめ用意された素材と背景テンプレートを組み合わせるだけで、アニメーション動画を制作することができます。

操作自体も、主にドラッグ&ドロップだけなので、動画・アニメ制作のプロが何時間も掛けて作成するようなアニメーションも、Vyondなら誰でも短時間で作成することが可能です。

Vyondの特徴

  • 100種類以上のテンプレートと素材(オブジェクト)が用意されている
  • 基本操作はマウスだけ。パワーポイントのスキルがあれば誰でも制作可能
  • 14日間の無料体験版が用意されている(国内代理店経由で購入の場合)
  • 日本語のサポートも充実している(国内代理店経由で購入の場合)

一番の特徴は、マウスのドラッグ&ドロップだけで、アニメーション制作が出来る点です。Vyondは日本でも公式パートナーがいるため、サポート体制も充実しています。

Vyondの用途

例えば以下のような用途があります。

  • セールスプロモーション(コンセプト・概要説明)
  • 企業ブランディング(認知度向上)
  • 新卒・中途の採用活動

特に、動画で顔出ししたくない場合や、文章だけで伝えきることが難しい場合にアニメーション動画は効果的です。

Vyondの費用

海外公式サイトEssentialPremiumProfessional
月額49$89$159$
年額299$(24.9$/月)649$(54$/月)999$(83.2$/月)

国内の正規代理店で契約をする場合は、Professionalプランのみとなっています。また、費用は年額で165,000円と海外公式サイトに比べ割高になっています。

ただし、海外サイトの場合は、当然ですが全て英語表記です。英語に自信がある方であれば、海外サイトを利用すれば問題ありませんが、英語に苦手意識がある方でしたら、日本語でサポートをしてくれる国内代理店経由で利用すると良いでしょう。

まずは、14日間の無料体験版があるので、興味のある方はそちらで試して頂くことをオススメします。

Vyondの使い方

Vyondの使い方の画像

今回は、Vyond国内代理店のサイトにて、14日間お試し版の登録から実際のアニメ制作の流れを解説していきます。

Vyondに登録

まずはこちらからVyondの14日間お試しプランに登録をしましょう。

登録ページはこちら

※お試しプラン終了後に自動的に有料プランに更新されることはありませんのでご安心ください。

必要事項の入力が完了すると、登録をしたメールアドレス宛に【animedemoメールマガジン】というタイトルのメールが送られてきます。

Vyondメールマガジンの登録画面のスクリーンショット

そちらのメール本文内に [14日間 無料体験 サインアップ] のボタンが記載されているので、そちらをクリックしましょう。「Log In」と書かれた画面に遷移します。

Vyondログイン画面のスクリーンショット

新規登録の場合は、右上の「SIGN UP」のボタンをクリックすると以下のように「Welcome to Vyond」と書かれた画面に遷移します。

Vyond新規登録画面のスクリーンショット

続いて、「SIGN UP WITH YOUR EMAIL ADDRESS」と書かれたボタンをクリックしましょう。

新規登録画面に遷移しますので、全て入力をしていきましょう。

Vyond新規登録情報入力画面のスクリーンショット

①FirstName(名) LastName(姓)を半角アルファベットで入力しましょう。
②Company Nameは、所属団体・勤務先名を入力しましょう。所属先がない方は「None」と入力しましょう。※空欄での登録ができないためです。
③Job Role(職業)は、プルダウンの中から選択となります。
④連絡先を記入しましょう。
⑤Countryは変更がなければJapanを選択しましょう。
⑥WorkEmailは仕事に利用するアドレスを入力しましょう
⑦パスワードを入力しましょう。10文字以上、大文字、小文字、数字の組み合わせが必須です。

Vyond新規登録のパスワード入力画面のスクリーンショット

⑧チェックボックスにチェックを入れましょう。
⑨入力漏れ・誤りがなければ最後にボタンをクリックして、登録を完了させましょう。

以下のような画面が表示されたら、登録完了です。

Vyond新規登録完了のスクリーンショット

赤枠で囲んだところに、登録したアドレスが表示されていますので、そちらにログインに必要なメールが送付されます。

タイトルに「Activate your account」と書かれたメールが届くので、本文内の青いボタンをクリックしましょう。

※メールが届いていない場合は、迷惑メールボックス内や、登録したアドレスに誤りがないか確認をしましょう。

VyondのActivate your accountメールのスクリーンショット

以下のようなマイページ画面が表示されたら、ログイン完了です。

Vyondのマイページスクリーンショット

「MAKE A VIDEO」と書かれたボタンをクリックすると、アニメーションのスタイルを選択する画面に遷移します。

スタイルの設定

Vyondのスタイル選択のスクリーンショット

Vyondでは、用途に合わせてスタイルを選択することができます。

  • Contemporary 推奨:ブランド動画、プロモーション、デモ
  • Business Friendly 推奨:企業文化のビデオ、お知らせ、説明ビデオ
  • Whitebosrd Animation 推奨:チュートリアル、マイクロラーニング

今回は、左のContemporaryを選択します。

クリックすると、以下のような編集画面に遷移します。

Vyond編集画面のスクリーンショット

編集画面は大きく4つに分類されます。

  1. 編集中のアニメが表示されます。オブジェクト(要素)をクリックすることで、テキストやイラストの向きやサイズの調整ができます。
  2. アニメーションの追加バーです。
    • キャラクターの追加
    • イラストオブジェクトの追加
    • チャートの追加
    • テンプレートテキストの追加
    • 音楽・ナレーションの追加
    • テキストのフォント・サイズ
    • オブジェクトのカラー変更
    • アニメーションに動きをつける
  3. シーン・音楽の追加や編集を行うことができます。シーンはテンプレートの中から選択できます。
  4. 作成したアニメーションのプレビューや、保存、共有ができます。

キャラクターや文字を配置する

まずは、シーンをテンプレートの中から選びましょう。+のマークをクリックし、Choose Templateを選択します。

すると、テンプレートシーンの一覧が表示されます。

今回はshoppingを選択します。更にテンプレートが表示されるので、イメージに合うものを選択しましょう。

次に、キャラクターを配置してみます。

Vyondのキャラクター配置画面のスクリーンショット

左上のcharacterをクリックすると、キャラクターのテンプレートが表示されます。虫眼鏡をクリックすると、 previewの表示ができます。

previewに表示されたキャラクター右下のADDをクリックすると、背景テンプレート内に配置されます。

配置したキャラクターは、マウスで大きさや場所の変更ができます。

Prop、Chartも同様の操作で、オブジェクトやグラフなどの配置ができます。

配置したキャラクターに動きをつける

Vyondのアクション設定のスクリーンショット

配置したキャラクターには動きをつけたり表情を変えることができます。

オブジェクトにも動きをつけることや、カラーの変更ができます。

今回は試しに、左側の男性にダンスをしている動きをつけます。

BGMや、録音した音声を追加する

VyondのBGM設定のスクリーンショット

シーンに対して、BGMをつけることができます。

Audioをクリックすると、テンプレートミュージックが表示されますので、シーンに合ったBGMを選択しましょう。

また、左上の「マイクと+」のボタンをクリックすると、音声の録音ができます。商品の説明やナレーションなどを入れる際に利用しましょう。

キャラクターの動きと音声のタイミングを合わせる

VyondのBGM・エフェクト調整のスクリーンショット

BGMの他にも、エフェクト(効果音)を入れることができます。小鳥のさえずり、焚き火の音、交通渋滞の音など100種類以上用意されているので、シーンに合った効果音を入れてみましょう。

また、エフェクトはキャラクターの動きと合わせる必要があります。その際は、画面下に編集バーがあるので、音を出すタイミングや終了するタイミングを決めることができます。

最終調整

最後に右上のPREVIEWを押して、アニメーション全体の確認をしましょう。

  • キャラクターの動きに不自然な点はないか
  • BGMとシーンのイメージが合っているか。
  • エフェクト(効果音)はキャラクターの動きと合っているか

など一つひとつ確認をして調整をしましょう。

可能であれば、チームや同僚といった第三者から確認をしてもらい、違和感やおかしな箇所があれば指摘してもらうようにしましょう。

制作したアニメーションを活用する

アニメーションが出来上がったら、右上のボタンからダウンロードをしましょう。

Vyond契約アカウントの所有者には、「VYOND映像の商業的利用の権利」が付与されています。

これは、ダウンロードしたファイルを自己のビジネスのために用いて再生すること、視聴してもらう状態にすることの権利のことです。この権利により、動画共有サイトでの情報発信、商談のプレゼンツールとして利用、採用セミナーの自社紹介などで利用することが可能です。

Vyondの契約が終了した後も、掲載本数・期間に制限はありません。※ただし編集はできなくなります。

制作したアニメーションを、第三者に提供または納品をする場合は、「VYOND映像の商業的利用の権利」の「移転または譲渡」にあたります。

こちらを行う場合は、VYOND契約アカウント所有者が直接、「申告」、「手数料」支払いをする必要があります。手数料は制作物1件あたり99$(12,000円程度)掛かります。※詳細は代理店公式サイトをご覧ください。

まとめ:Vyondを使えば誰でも簡単にアニメーション動画が作成可能!

【まとめ】Vyondを使えば誰でも簡単にアニメーション動画が作成可能!

この記事では、初心者が簡単にアニメーション動画を作る方法として、ビジネスアニメ制作ツールのVyond(ビヨンド)について、実際の使い方を交えて紹介してきました。

Vyondを使えば、アニメや動画制作に関する専門知識や経験がなくとも、マウスの直感的な操作だけで、クオリティの高いアニメーション動画の作成が可能です。

Vyondoのようなアニメ制作ツールが出来たことで、制作会社に外注することなく、自社でオリジナルな動画制作が可能となりました。

情報過多の現代において、効果的にリード獲得をするためには、ユーザーに対していかに動機形成を高め、商品・サービスの理解〜購入・意思決定を早めることが重要です。

短時間で、わかりやすく相手に情報を伝えきる手段として、アニメーション動画は非常に有効です。

Vyondを使えば、編集も容易なので、ユーザーの反応を見ながら、コンテンツ内容を見直すことも可能です。

以上が、Vyond(ビヨンド)の使い方の紹介となります。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールでの開発に特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

ノーコード・ローコードツールを活用した低コストかつ柔軟性の高いシステム開発を手掛けており、生産性向上に繋がるツールの開発実績も多数ございます。

もし、既存の社員だけでは業務に対応しきれないなどのお悩みを抱えている場合は、お力になれるかと思いますので、ぜひお声がけください。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる