開発

税理士の集客方法8選【士業に関する営業でお悩みの方必見!】

税理士の集客方法8選 【士業の営業でお悩みの方必見!】

近年の士業業界は、弁護士など他士業でも供給過剰気味であることが度々話題になります。

税理士業界では特に公認会計士から税理士への転身が容易であるという制度上の問題も重なり、やはりパイの奪い合いの様相があることは否めません。

これから税理士として開業を予定されている方は、士業として食べていけるかどうか相当不安でしょうし、すでに開業されている方も集客面で苦労されている方はかなり多いのではないでしょうか?

「専門知識があればお客の方から接触してくる」という時代はとうに終わり、今は自分から市場にいる見込み客を捕まえに行かなければならない時代になっています。

税務に関しては専門知識があっても、集客や営業に関しては知識や経験が全くない人がほとんどでしょう。

本章では税理士が仕事を獲得するために使える集客・営業手段についてお伝えしていきますから、ぜひ参考になさってください。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

税理士の集客方法8選

税理士の集客方法としては大きくオフラインによるものと、オンラインによるWEB集客の方法があります。

まずはオフラインによる方法から見ていきます。

オフラインによる集客方法

1.知人や士業同士で紹介を受ける

自身の知人や友人、あるいは弁護士や行政書士など他士業から顧客の紹介を受けることもあります。

また同じ税理士でも、あまり詳しくない分野の相談を受けた場合はその分野を得意としている知り合いに回してくれる可能性もあります。

例えば法人税の顧問をしている税理士が社長の相続税の相談を受けた時に、相続税を得意とする税理士を紹介するなどです。

税理士同士でも繋がりを持っておけば、こうした紹介を受ける期待が持てます。

ただし、実際にはこうした紹介による案件は少なく、これを期待した事務所運営は成り立ちません。

2.商工会からの紹介を受ける

地元の企業が集まる商工会から、税理士を必要としている企業を紹介してもらうこともできます。

ただしこちらもすでに先輩税理士の既得権益が及んでいるため、若手がおこぼれにあずかる可能性は少ないです。

また商工会に加入すれば税理士側もイベントの手伝いなどに駆り出されるので、ストレスに感じる場面が多くなるでしょう。

3.セミナーを開く

ノウハウがあれば自身でセミナーを開いて名前を売ることもできます。

派手やかな立ち回りが得意で、人前で話すことが苦にならないのであれば、得意な内容でセミナーを開いてみてもいいかもしれません。

ただし人が集まりやすいように無料セミナーを開いても、無料情報が目当ての参加者からは有料の事件受任には繋がりにくく、手間に見合った利益を確保することは難しいかもしれません。

オンラインによる集客方法

オンラインによる集客方法

1.ポータルサイトへの登録

税理士事務所が登録できるポータルサイトに登録すると、市場に自社事務所の存在を知らせることができます。

また自社HPにリンクを貼ることでSEO的な効果も期待できます。

ただし、不自然なリンクが多いと検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるので、利用するポータルサイトは健全なサイトでなければ逆に不利益を被ります。

2.ホームページ

静的宣伝材料となる自社HPは現代のビジネスではほぼ必須と言えます。

ただし簡易的なHPであっても、それなりの知識がなければ見栄えの良いライバルのサイトに見劣りするので、自分で構築する場合はHP制作に関する詳しい知識は必須です。

3.ブログ

記事を更新できる動的宣伝素材となるブログも良い方法です。

手軽に利用できる無料ブログもありますが、使用するブログによって操作性が異なり利用できる機能にも違いが出てきます。

そうした各ブログの特性を把握した上で、どのブログを利用するのか検討を要します。

4.SNS

リテラシーの高い人であれば、SNSを使った営業も考えることができます。

個人同士の繋がりが強く出るSNSは、自分のファンになってくれた人に対してはかなり強い訴求効果を生みます。

5.ネット広告

上級者であれば、グーグルなどを利用したネット広告の配信を考えることができます。

ただ利用するにはまずネット広告の仕組みを理解しなければならず、事前の準備や広告効果の検証、改善の工夫など結構な手間も必要になります。

広告効果を無駄なく出すためには専門的な知識が必要になるので、一定の勉強が必要です。

お勧めはオンラインによるWEB集客

お勧めはオンラインによるWEB集客

より小さな手間で大きな宣伝効果を考えるならWEB集客の方が断然お勧めです。

ここではWEB集客の始め方と注意点を見ていきます。

1.WEB集客の始め方

WEB集客はネット媒体を営業ツールとして利用するものです。

初めてWEB集客を行おうとする時点では、HPでもブログでも、あるいはSNSでも、ツールとなる媒体の準備ができていません。

ポータルサイトに登録するならば、ネット上にどのような税理士向けサイトがあるのかをチェックしなければなりませんし、HPやブログであれば有料の物を利用するか無料の物を利用するか、さらに具体的にどのサービスを利用するか考えなければなりません。

有料のサービスは基本的に閉鎖される危険が少ないのですが、実例としてプロバイダのOCNが提供していた有料のHPやブログのサービス提供が終了されたことがありましたので、有料であれば必ず永遠に利用できるとは限りません。

SNSはフェイスブックやツイッターなどがありますが、これらもそれぞれの操作性や特徴を自分なりに把握して、どれを使うか、または併用するかなどを考える必要があります。

ネット広告についてもまずはその仕組みを勉強しておくことが必須になり、さらに広告をクリックしてくれた人が閲覧する自社サイトの準備も必要です。

2.WEB集客を始める上で注意すべきポイント

ポータルサイトへの登録だけであれば、ネットリテラシーが低い方でもできると思いますが、これだけでは税理士としての信頼性をアピールすることはまず無理です。

少なくとも自社の公式HPは必ず必要になると考えてください。

立ち上げだけを考えればブログが始めやすいですが、これを常設の公式HPとして活用するのは少し無理があるので、静的なHPと動的なブログは合わせての運用が望まれます。

SNSは大量の情報を載せることはできないので、これだけで営業活動を進めるは難しいでしょう。

核となるのはやはり公式HPであり、これが無いと世の中に存在していないのと同じで、だれも気付いてくれません。

仮に飲食業等であれば、当日の営業の有無や閉店時間の情報など、さしあたって発信したい情報だけを伝えることを目的にして、SNSだけで進めることも不可能ではありません。

しかし信用と信頼が第一の税理士の場合は、その事務所が提供できる全てのサービス情報をいつでも確認できる常設のHPがなければ、閲覧者は問い合わせをする気も起きないでしょう。

この点、HPはネット上に構えた自分の事務所であるという認識を必ず持ってください。

税理士本人が運営していることが明らかで、信頼できるHPを作成し運用するには、検索エンジンへ登録したり、効果的に検索に引っかかるようにタイトルタグやディスクリプションなども意識して作り上げる必要があります。

これらの意味が分からない場合、自分一人でWEB集客を進めるのは非常に困難が伴うことが予想されます。

実際、リテラシーの低い年配の士業者は時代に乗れず、顧客を失って廃業する人も多いようです。

負け組にならないためには、WEB集客のシステムを構築することは基本であり、必須なのです。

WEB集客のシステム構築は弊社に丸投げできます

WEB集客について全てを一から勉強して学んでいくには数年必要ですので、こちらに時間をかけてしまうと税理士として働く意味がなくなってしまいます。

税理士は本業に専念し、WEB集客の仕組みを立ち上げる作業は専門の業者に丸投げしてしまうのが費用対効果を考えても理にかなっています。

HPやブログに載せるコンテンツの制作も丸投げできますが、時事を反映させることができるブログやSNSの記事は税理士が自分で作成、投稿することもできます。

ネットに慣れていない方は仕組み自体が分からないと思いますので、しばらくは士業サポートに力を入れて活動している弊社が丁寧に手ほどきを致します。

弊社では、国内初のコードを書かないWEBシステム開発サービス『BOLT』により相場の何倍も安くWEBシステムを構築可能です。

さらに、大手クライアントを多数抱えるWEBマーケティングのプロフェッショナルとのネットワークを構築しているため、WEBシステムの構築から集客までを一気通貫でご提案可能です。

これまで運用してきた膨大な業界実績を調査・分析することで、あなたに最適なWEB集客のソリューションをご提供いたします。

慣れてきたら独り立ちして、好きなように情報を発信していくことができますよ。

その頃には顧客もついて、売り上げも右肩上がりになっていることでしょう。

効果的なWEB集客のツール選択から構築、運用まで、ワンストップでの無料相談は下記のリンクからどうぞ。お気軽にお問い合わせくださいませ。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる