開発

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例・秘訣を解説!

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例・秘訣を解説!

デジタル技術の活用によってビジネスに変革をもたらすのがデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

分かりやすく言うと、「IT技術を活用して、企業における業務・プロセス・企業文化を変革し、競争優位性を生み出す」ことです。

2018年9月に経済産業省が発表した「DXレポート ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開」でデジタルトランスフォーメーションに乗り遅れた場合、2025年以降に年間最大12億円の経済損失が生まれると提言したことで、大きな注目を集めました。

デジタルトランスフォーメーションの必要性に気づいた企業は、デジタル技術活用による企業変革に取り組んでいますが、トップダウンで変革を指示されるだけで具体的にどのような手段を取ればいいのか分からず、変革が停滞している企業も見受けられます。

この記事では、ノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発サービスを運営し、数多くのシステム開発を成功させてきたBOLTが、デジタルトランスフォーメーション成功企業の事例から成功のための秘訣を紹介します。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションとは

経済産業省のDXガイドラインではデジタルトランスフォーメーションを以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

「デジタル技術を活用して変革する」とありますが、具体的に何をすればデジタルトランスフォーメーションになるのかが、分からない企業も多く存在します。

ここではどのような変革がデジタルトランスフォーメーションにあたるのか、どのように変革を進めるべきなのかを解説していきます。

何をすればデジタルトランスフォーメーションになるのか?

経営層から「デジタルトランスフォーメーションを実施するように」と具体的な方針説明もなく、変革を指示された担当者は「何を変革すればいいのか」と困っているのではないでしょうか。

DXガイドラインでは「製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革」することがデジタルトランスフォーメーションとされていますが、難しく考える必要はありません。

最新技術を活用して新しい製品やサービスを作り出したり、ビジネスモデルを変えるような大きな変革だけでなく、以下のような社内業務効率化もデジタルトランスフォーメーションの対象になります。

  • 社内基幹システムを刷新する
  • 経費申請を紙からWeb申請形式にする
  • ペーパーレスを実現する
  • テレワークにする

デジタル技術で新しい価値を作るだけでなく、社内に存在する課題をデジタル技術を活用して生産性を向上することができれば、変革規模の大小に関わらず、デジタルトランスフォーメーションになります。

デジタルトランスフォーメーションは小さく始める

デジタルトランスフォーメーションは小さな部分から始めることをお勧めします。

AIやロボットを活用したデジタルトランスフォーメーションには専門的が必要になることはもちろん、莫大な予算が必要になるため、難易度が高い変革になります。

コストや専門知識の他にも、関わる人が多岐に渡るため、社内調整だけで相当な時間がかかってしまい、結果としてデジタルトランスフォーメーションが一向に進まないという事態になりかねません。

そのため、デジタルトランスフォーメーションを始めるのであれば、まずは部署単位などの小さい部分から変革をスタートするのがよいでしょう。

小さな変革であれば、多額の予算も時間も必要とせず、素早く変革を起こすことが可能なことに加えて、小さな変革を社内全体で積み重ねることで、従業員の意識改革に繋がります。

デジタルトランスフォーメーション成功事例

デジタルトランスメーション成功事例

ここまで、デジタルトランスフォーメーションの定義と進め方について解説しましたが、実際にデジタルトランスフォーメーションに成功した企業はどのような変革を行っているのでしょうか。

ここではデジタルトランスフォーメーションに成功した企業の事例を紹介していきます。

デジタルトランスフォーメーションを考えているが、何をすればいいのか分からない方は各社の事例を参考にしてください。

伊予銀行:AIを活用して事務作業を徹底削減

自社製品を持たず、銀行業務をサービスとして提供する銀行業ではデジタルトランスフォーメーションで業務効率化を実現し、新たな付加価値を提供しています。

愛媛県松山市を本店とする株式会社伊予銀行は「事務作業を徹底的に削減し、人しかできない顧客相談対応や提案のための時間を創出する」として、事務作業の半減を目標とするデジタルトランスフォーメーション進めています。

伊予銀行のデジタルトランスフォーメーションの内容はチャット・AI機能を有したタブレット「Agent」を利用した、店舗業務のデジタル化による事務作業削減です。

銀行業務における新規口座開設や住所変更などの26種の手続きがタブレット上で可能になり、手続き上で分からない部分は内蔵されたAI・チャット機能でサポートする仕組みになっています。

導入の結果、新規口座開設に係る時間が3分の1まで減少、事務員の人的作業を70%削減し、顧客側も分かりやすく、書類記入の手間が減ったことで顧客満足度向上に繋がっています。

事務作業を削減し、人にしかできない専門的なアドバイスや提案を行う時間を創出することで、新たな付加価値を創出することに成功しています。

花王:異業種との連携による新たな付加価値を創出

花王株式会社は専務執行役員、自らが統括する先端技術戦略室がデジタル先端技術戦略として、全社のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。

デジタル技術を活用することはもちろんのこと、「IT設計管理グループ」を配置し、DXを実行するためのシステム基盤の再構築による環境整備を並行して進めています。

デジタル技術の能率化活用として、研究分野におけるAIを活用した情報検索の効率化を実施しています。

研究開発には様々な情報が必要であり。これらを開発前に事前に検索して、必要な情報を取得することが、研究員のルーティーン業務で開発スピードを低下させる要因になっていました。

この情報検索のルーティーン業務にAIを活用した「統合検索システム」を導入することで、特許、試験結果、研究報告書などの研究開発に必要なデータを一括取得することが可能になることで、情報検索業務が不要となり、研究開発のスピードを大幅に向上させることに成功しています。

日本通運:RPA導入による定型業務の完全自動化

日本通運株式会社では働き方改革と生産性向上を目的とした定型業務削減のデジタルトランスフォーメーションが実施されています。

これまで人が行っていた納品書の清算業務やExcelを用いた業務に対してRPAを導入することで自動化を実現し、年間で26万1698時間の削減に成功しています。

自動化による生産性向上はもちろんのこと、作業に人の手を介さないことでヒューマンエラーによるミスを削減することで作業品質の向上も実現しています。

データ入力作業の削減にも積極的で、AI技術の取り入れられたOCR(光学文字認識)を導入し、帳票をスキャンするだけで基幹システムにデータ登録する仕組みを実現し、人の手による非効率なデータの手入力業務の自動化にも成功しています。

人の手作業によるデータ入力はヒューマンエラーによるミスを起こしやすく、ミスが起きた場合の対応などにも時間がかかるため、全ての業界に共通する課題です。

日本通運は定型業務の自動化と相性の良いRPAを活用して、いち早く業務効率化とミス削減の両方を実現しています。

デジタルトランスフォーメーション成功の秘訣

デジタルトランスメーション成功の秘訣

デジタルトランスフォーメーションに成功している企業には共通点が存在します。

デジタルトランスフォーメーションは企業規模の大小に関わらず、成功の秘訣を理解することで、どんな企業でも実現することができるのです。

ここではデジタルトランスフォーメーションを成功させるための秘訣を紹介します。

レガシーシステムの刷新

デジタルトランスフォーメーションを行うためにはレガシーシステムの刷新が必要不可欠です。

DXレポートによると、日本企業の多くはレガシーシステムの維持管理のためにIT予算の9割を占める費用を利用している状況です。

レガシーシステムの維持管理のために予算の9割を利用していたのでは、デジタルトランスフォーメーションを行うためのシステム開発予算を計上することができず、変革が思うように進みません。

レガシーシステムの多くは複雑化・ブラックボックス化したシステム状態であることから、デジタルトランスフォーメーションに合わせたシステム改修や機能追加を行うことができないため、大きな障害になります。

デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、変革の前段階でレガシーシステムを刷新し、データ活用に対応できる社内システム基盤を構築することが重要です。

業務システムの再構築に関して詳しく知りたい方は「社内業務システムを再構築する理由とは?開発の進め方・手法を解説」をご覧ください。

経営層が明確なビジョンを策定する

デジタルトランスフォーメーションに成功している企業は、経営層が明確なデジタル活用のビジョンを掲げています。

デジタルトランスフォーメーションに失敗する企業の多くは経営層が明確なビジョンを掲げず、現場に「デジタルトランスフォーメーションを実現しろ」と指示するだけのパターンです。

明確なビジョンがない場合、変革を指示された現場は「どういうデジタルトランスフォーメーションを望んでいるのか」「何を変革したいのか」を理解することができず、実行するまでに時間を要してしまいます。

デジタルトランスフォーメーションを実現するには経営層がデジタル技術を活用して、どういう変革を社内に起こしたいのかを明確にして、現場に伝えることが重要です。

ボトムアップで挑戦できる環境を整備する

現場から生まれる変革のアイディアや意見を積極的に実現できる環境の整備がデジタルトランスフォーメーションの成功には必要です。

企業におけるデジタルトランスフォーメーションには答えがありません。各社ともに企業文化・組織・業務方法などが異なるため、同じ行動をして同じ結果が得られるかと言うと、そうではありません。

そのため、現場から出るアイディアは変革のための貴重な種になります。現場からアイディアが出た際に実現可能性や費用対効果の観点から否定や却下を繰り返していては、次第に現場から変革意識が失われてしまいます。

そのため、デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、ボトムアップで出てきたアイディアや企画に対して、まずは挑戦させる環境が必要です。

挑戦をすることで今まで見えてこなかったデジタル活用の風景や勘所を肌で感じるようになり、徐々に社内変革の波が大きくなります。

昨今はプログラマーがコーディングをすることなく、誰でも簡単にシステム開発ができるノーコード・ローコード開発ツールも登場しているので、費用をかけずにプロトタイプシステムを開発できる環境があるので、それらを用いるのもお勧めです。

ノーコード・ローコード開発ツールに関して、詳しく知りたい方は「NoCodeとLowCodeの違いとは?代表的なツールから注意点までを解説」をご覧ください。

【まとめ】レガシーシステムの刷新が変革の第一歩

【まとめ】レガシーシステムの刷新が変革の第一歩

この記事ではデジタルトランスフォーメーション成功企業の事例から成功の秘訣を紹介してきました。

デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、企業が抱えるレガシーシステムを刷新することがデジタルトランスフォーメーション成功への第一歩です。

DXレポートで報告されているように、技術的負債であるレガシーシステムの維持管理費用を抱えたままでは、企業は変革に乗り出すことはできません。

また、レガシーシステムを抱えた状態では経営層の明確なビジョンやボトムアップで挑戦できる環境を用意したとしても、システム側が社内変革に対応できないようでは成立しません。

いち早くレガシーシステムを刷新し、デジタル活用に耐えうるデジタル基盤を備えることが、企業におけるデジタルトランスフォーメーション成功の要になり、2025年の崖を乗り越えることにも繋がるでしょう。

私達、BOLTは、ノーコード・ローコードツールでの開発に特化したWEBシステム開発サービスを行っています。

最新技術を活用したシステム開発で従来の開発会社よりも低いコストで柔軟性の高いシステム開発を実現することができます。

もし、レガシーシステムの刷新やDXに向けた予算を抑えたWEBシステムの開発を検討される際は、お力になれるかと思いますので、是非お声がけ下さい。

BOLTの公式サイトはこちら

\今すぐ無料で資料請求!/

BOLTの
詳細を見る

『BOLT』の資料請求はこちら

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステム開発サービスです。プログラミング不要のツールを活用することで、従来の開発会社よりも開発コストを抑えることができます。

BOLTでは、社内向け業務システムからコンシューマ向けのWEBサービスまで、幅広い開発案件に対応しております。

『開発に時間と費用がかかりすぎる』『開発会社に見積もりをお願いしたが費用感が合わなかった』といったお悩みのお持ちの方はお気軽にご相談ください。

今すぐ資料請求してみる