生成AIの受託開発とは?ベンダーの選び方、おすすめの開発会社10選を紹介

AIに関するサービスが続々と登場していますが、自社でAIに関するサービスを立ち上げることはAI開発の知見がない場合には非常に困難です。

したがって、外部企業に委託して開発を行いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、生成AIに関する受託開発とはどのようなものかや受託開発ベンダーの選び方、おすすめの受託企業をご紹介します。

生成AIの受託開発をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

AI受託開発とは

AI受託開発とは、AIに関するソフトウェアやシステムをクライアントの希望に合わせて開発することを請け負うことです。

業務効率化や新たなビジネスチャンスを追求している企業は多く、その結果AI受託開発の重要性が高まっています。

一方で、AIに関する知識を持った人材はまだ多くなく、そのためAIに関するサービスを立ち上げようとしてもなかなか自社で完結させることは難しいのが現状です。

したがって、AI技術の専門知識や開発リソースを持つベンダーにプロジェクトを委託し、自社のビジョンを実現する手段として利用されます。

AI受託開発ベンダーの選び方

自社にあったAIの受託開発ベンダーを見つけるには何に気をつければ良いのでしょうか。ここでは、5つの観点から開発ベンダーの選び方をご紹介します。

開発実績

ベンダーの過去の開発実績は、重要な判断材料のひとつです。開発実績が多い企業は、顧客の期待に応える確かな実力を持っている可能性が高いと考えられます。

開発実績については、事例として各企業のHPに掲載されていることもありますが、直接ベンダーに聞いてみるとよいでしょう。直接確認することで、表面的な内容以上の成果についても知ることができるかもしれません。

専門性・強み

開発ベンダーの専門性や強みを理解することもプロジェクトの成功に直結します。一言でAI開発といっても、実現したい内容によって必要な専門性は異なります。

業務オペレーションをどのように改善したいのか、どういったAIサービスをつくりたいかなど、実現したい内容に基づいて、専門性や強みを発揮できる企業を選定するとよいでしょう。

専門性の高いベンダーは、クライアントの期待を満たす高品質なソリューションを提供できます。

開発体制

ベンダーの開発体制は、プロジェクトの進行や品質管理に影響します。受託開発会社を選定する際には、必ず先方の開発体制について確認しましょう。

開発プロジェクトとして、エンジニアが何名か、専任ディレクターが付くのか、デザインに関してはスコープ範囲内か、といった基本的な情報について確認しましょう。

それ以外では、開発チームとしての実績などAI開発に携わった経験について確認します。チームとしての経験が浅い場合、コミュニケーションが十分にうまくいかずプロジェクトが失敗するリスクが高まりますので注意しましょう。

開発費用

開発費用は重要な検討事項の一つです。しかし、単純なコスト比較だけでなく、提供されるサービスの品質や価値を総合的に評価することが必要です。

いくら理想的な開発チームだとしても、予算をオーバーするようであれば発注を行うことはできません。予算をはじめ発注にあたっての社内の制約条件を確認し、条件をクリアできるベンダーを選定する必要があります。

したがって、ベンダー選定の際には、価格だけでなく、品質やサポート体制にも注目することが重要です。

提案力

ベンダーの提案力は、クライアント(発注主)にとって、目指す方針を実現するために重要です。

クライアントのニーズを理解し、柔軟かつ創造的な解決策を提案できるベンダーは優秀な証です。提案力の高いベンダーは、顧客との協力関係を強化し、共に成長できます。

開発力も重要ですが、どのように開発を進めるかプレゼンできるベンダーは貴重な存在といえるでしょう。

AI開発に強いシステム開発会社10選

AI開発を行いたいと考えた際に、頼りにできる会社を知っておくと困らずに済みます。ここでは、AI開発サービスを手掛けるシステム開発会社を10社ピックアップしました。

株式会社ファンリピート

ファンリピート

出典:株式会社ファンリピート

ファンリピートは、「経営戦略×ITソリューション」を掲げ、経営戦略の観点からDX推進をパートナーとして行う会社です。

IT戦略立案といった上流の設計から、AIを活用したシステム開発の要件定義、プロジェクトマネジメントまで幅広く企業をサポートします。

また、ノーコード・ローコードを用いたDX支援事業のBOLTや人工知能を活用して効果的な英語学習をサポートするAI英会話さんといったサービスも展開しています。

企画から開発、検証まで一気通貫したAIシステム開発を依頼したい場合におすすめです。

NTTデータ

NTTデータ

出典:NTTデータ

NTTデータは、日本を代表するシステムインテグレーターです。AIやIoT、クラウドなど先端技術の活用に積極的で、金融、製造、流通、公共など幅広い業界にAIソリューションを提供しています。

また、データ収集や分析、施策実行支援、AI導入に向けたコンサルティング支援などを行っています。

その他、同社のデジタルコグニティブサイエンスセンターでは、数万人規模の性格や価値観、認知バイアスなどのデータを蓄積した「人間情報データベース」を立ち上げています。様々なデータを活かしながらAI開発の受託やコンサルティングを担うNTTデータは、この業界のリーディングカンパニーといっても差し支えないでしょう。

BIPROGY

BIPROGY

出典:BIPROGY

BIPROGY(旧日本ユニシス)は、AI技術の開発やサービス開発、新技術研究に幅広く取り組んでいます。

顧客からのヒアリングに基づき、AIを活用したサービスの開発や業務の効率化や生産性向上に貢献しています。また、データ、AI、IoTなどの先進技術を企業活動に活用できる環境を整備し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援しています。

さらに、データとAIを組み合わせて課題解決を支援する「Rinza」というサービスを提供しており、企業の課題に合わせてカスタマイズしたAIソリューションの開発も行っています。

BIPROGYは、AI技術の研究開発から、顧客企業のニーズに合わせたAIソリューションの提供まで、幅広く取り組んでいることがわかります。

アクセンチュア

アクセンチュア

出典:Accenture

アクセンチュアは、世界有数の総合コンサルティング企業で、日本でもAI分野におけるコンサルティングも提供しています。

機械学習モデルの開発から運用までを一気通貫してサポートすることが可能です。業界・業種を問わず幅広い企業にAIソリューションを提供しています。

また、アクセンチュアはクライアントのビジネスゴールをより早期に解決するため、複数のAIエンジンから最適なエンジンを組み合わせています。それにより、人間のオペレーターとも協調可能なAI HUBプラットフォームをベースにAIサービスを提供しています。

富士通

富士通

出典:富士通

富士通は、大規模言語モデル(LLM)の開発に力を入れています。具体的には、富士通は各大学やスーパーコンピューター「富岳」の計算パワーを活用し、圧倒的な規模の日本語言語モデルの開発に取り組んでいます。

富士通が目指すAIの到達点は、「人間並み」の性能を実現することです。そのために、「富岳」の膨大な計算パワーを活用しています。

また、開発にあたっては、AIの説明可能性や倫理的な側面での透明性も重視しています。

三菱電機インフォメーションシステムズ

三菱電機インフォメーションシステムズ

出典:三菱電機インフォメーションシステムズ

三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)は、三菱電機グループの情報システム事業を担う中核企業で、「お客様と事業を共創するサービスインテグレーター」として事業を展開しています。

お客様の本質的な課題や隠れたニーズを丁寧に把握し、それに基づいて魅力的なAIサービスを共創することが強みです。

また、MDISには専門家チームが在籍しており、企画から構築、保守、サービスまでITのライフサイクル全般にわたってお客様をサポートしています。このようなトータルサポート体制により、顧客のDX推進に大きく貢献しています。

日本IBM

日本IBM

出典:日本IBM

世界最大級のIT企業IBMの日本法人です。「Watson」を中心に、自然言語処理、機械学習などAI技術の開発から製品化、コンサルティングまでトータルでサポートしています。金融や医療業界といった複雑な業界においても高い実績があることが魅力のひとつです。

AI開発に必要な幅広いソリューションを提供しており、多様な意見と新しいテクノロジーを結集しながら、大きなインパクトを生み出すイノベーションを迅速に実現することが可能です。

DXCテクノロジー

DXCテクノロジー

出典:DXCテクノロジー

DXCテクノロジーは、世界的なIT企業の日本法人です。AI分野にも強みを持っており、データ解析プラットフォームの構築やAI活用のコンサルティングを得意としています。製造、金融、公共など業種を問わず対応しています。

DXCのAI受託開発の特長は、最新のテクノロジーを活用しつつ、グローバルな体制と豊富な実績を持っていることです。顧客の事業課題に合わせて、高品質かつスピーディなシステム構築を実現しています。

TISインテックグループ

TIS

出典:TISインテックグループ

TISインテックグループは、先進的なAI技術を活用し、顧客の課題解決に貢献することを目指しています。同社は日本のITリーディングカンパニーとして、顧客と共に社会の期待を超え、人々の幸せに貢献することを目標としています。

AI開発においては、TISの豊富な経験とノウハウを活かし、顧客のニーズに合わせたソリューションを提供しています。顧客のビジョンや戦略を実現し、成長をリードするためのAIシステムの企画・提案を行っています。

キカガク

キカガク

出典:キカガク

キカガクは500社を超えるクライアントにAI開発サービスを提供してきた実績があり、DXコンサルタントやAIエンジニア、データサイエンティストが多数在籍しています。

単なるAIソリューションの提供だけでなく、プロジェクト全体をサポートし、内製化に向けた人材育成も行っています。

理論とコーディングを組み合わせた学習コンテンツ「KIKAGAKU」も無料公開しており、誰でも最先端のAI知識を習得できるようサポートしています。

まとめ

昨今では、AIを利用したサービスや業務効率化ツールにおける受託開発のニーズが高まっています。受託開発を行うベンダー選びでは、開発実績や専門性、開発体制、開発費用、提案力を考慮して決める必要があります。

また、国内における主要なAI受託開発会社をご紹介させていただきました。ベンダー選定の参考にしていただければと思います。

\ 高品質×高速開発 /
ノーコード・ローコード開発ならBOLT

「Webアプリケーション開発を高品質かつ高速で依頼したい…」そんな方に弊社のBOLTをご提案します。

  • 企画・提案力を武器にした上流工程支援
  • 高品質と高速を両立する開発支援
  • お客様第一の進行管理
  • 継続的なアップデート体制

システム開発の内製化やDXでお悩みの方はぜひご相談ください!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

BOLT編集部のアバター
BOLT編集部

BOLTは、国内初のNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)による開発に特化したシステムの受託開発・導入支援サービスです。
BOLT編集部が執筆するコラムでは、ノーコード・ローコードツールの使い方や事例紹介、システム開発の基本知識などを取り上げています。ノーコード・ローコードの開発に興味をお持ちの方やお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

現在開催中のウェビナー

どのように始める?脱Excel管理

Excel(エクセル)は多くの企業内で導入され、表計算やVBAによるマクロ機能が充実していることから、顧客管理や施工管理、品質管理など多くの業務管理に活用されています。

しかし、複数人同時での共同作業が行えなかったり、業務が複雑化、さまざまな場所にデータが点在することから管理が煩雑、属人化してしまいます。

本ウェビナーでは、Excelでの業務管理に限界を感じている経営者、管理職、現場社員の方達に向け、脱Excelをローコードツールで実現する方法を紹介しています。

ウェビナー目次

  • Excel管理の課題
  • 代替ツール(SaaS)の課題
  • 脱Excelをローコードで実現しませんか
  • ケース別の業務改善例

開催日時・場所

  • 開催日時:随時開催中!!
  • 開催場所:オンライン(Google Meet)
  • 参加料:無料
目次